カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 幼児食 >
  4. 受験生をサポートしよう!子どもの勉強に役立つ"栄養素"とは?○○を食べて集中力アップ!

育児・子供の病気

受験生をサポートしよう!子どもの勉強に役立つ"栄養素"とは?○○を食べて集中力アップ!

お子さんが受験シーズンに入ると、ママが出来るサポートは料理や家での環境を良くすることです。特にお子さんにとってママの手料理は非常に大きなサポートとなるでしょう。そこで、少しでもお子さんの勉強の役に立つように、“勉強のタメになる栄養素”を紹介します。是非お子さんの受験サポート料理に取り入れてください。

 

 

◆脳が必要な糖分は“ブドウ糖”!!

脳が唯一、必要とする糖分はブドウ糖だと言われています。糖であれば何でも良い!と言うわけではありません。脳の中でブドウ糖が不足していると、脳の動きが鈍くなり、記憶力にも影響してしまいます。

 

それだけでなく集中力の低下にも影響が置き、勉強自体に身が入らなくなってしまいます。脳はカラダの中でも一番エネルギー消費の大きい臓器です。受験シーズン中は特に、ブドウ糖が不足しないように気をつけてあげましょう。

 

ブドウ糖を多く含んでいる食材は穀物類や果物類です。米・芋・バナナなどを積極的に食べるようにしましょう。また“ブドウ糖”と書かれた甘味料も販売されているので、“ブドウ糖”を使ってレモン汁と水で調整し、スポーツドリンクのようなものを作ってみても良いでしょう。

 

◆情報処理能力・集中力をアップさせるには?

学んだ事を頭の中で整理させる情報の処理能力・集中力をアップさせるためにはDHAと言われるドコサヘキサエン酸という成分が必要になります。これはマグロ・イワシ・さんまなどに含まれているので、1日に1回、お昼や夜などに魚料理を取り入れると良いでしょう。

 

◆甘いチョコレートも記憶力アップ!!

甘いチョコレートやココアなども、記憶力がアップします。チョコレートやココアなどに含まれるテオブロミンという成分が、脳に働きかけ、記憶力や集中力アップを促します。疲れた時には甘い物を。チョコレートなどであれば手軽に食べることが出来ますし、ココアも、ホッと一息つきたい時にはオススメのドリンクです。

 

 

お子さんのサポート役として、出来る限りのことはやりたい!と思う気持ちが親心。せっかく料理を作るのであれば、同じ“作る”でも、成分に気を使ったり、疲労を回復できるような料理をするなどして、陰ながらにサポートに徹しましょう★栄養バランスが気になる場合には、自然食品や無添加のサプリメントなども上手に利用すると良いでしょう。

 

(Photo by //www.ashinari.com/)

 

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

幼児食に関する記事

大人が飲んでいるサプリメント、子どもに飲ませるのはOK?NG?子どもへの悪影響とは

大人で足りない栄養を補うために、サプリメントを飲む人はいると思います。その中...

幼児食を作るときに注意したい調味料の使い方!香辛料、料理酒は使ってもOK?

離乳食の期間が終わり幼児食へ移行するとき、よく食べる子であれば大人のものを欲...

幼児食の体験談

美味しい手作りおやつ!

子どものおやつって、悩みませんか? 小さい時は、朝の10時におやつ、15時におやつ、と規則正しいリ...

ズボラでも簡単、スープジャーでおやつ作り

スープジャーで離乳期から幼児期、大人まで食べられる 暑い時期におすすめの簡単おやつをご紹介します。...

カラダノートひろば

幼児食の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る