カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 花粉症 >
  4. 基礎知識 >
  5. 寒い冬にも実は花粉が飛散していた!?冬に起きる恐ろしい花粉症の正体とは?

アレルギー

寒い冬にも実は花粉が飛散していた!?冬に起きる恐ろしい花粉症の正体とは?

花粉と言えば春・秋の花粉がよく知られており、特に春は気象予報でも花粉飛散情報が放映されるなど、花粉症の方にとっては少し大変な季節です。

 

春や秋に比べると花粉などまったくなさそうに見える冬ですが、実は冬に花粉症になる方もいます。

 

シラカバ花粉症の方は、ハンノキに注意!

冬の花粉症の原因植物のひとつがハンノキというもので、これは全国各地にあります。ハンノキはシラカバと同じカバノキ科に属しており、共通の構造も多いため、シラカバ花粉症の方はハンノキ花粉症の可能性もあるのです。

 

冬であっても、山野を中心にハンノキは存在するので、ハンノキの花粉症になる方も少なくはありません。

 

スギ花粉は2月から飛散

スギ花粉が多数飛散する時期は3月4月が多いですが、花粉の飛散が始まるのはもっと早い時期です。一般的には、2月に入るとスギ花粉が飛散し始めることが多いと言われています。

 

2月というと徐々に暖かくなってきてはいますが、まだ冬といった印象を受ける方も多いでしょう。冬の終わりにはスギ花粉が飛散することがあり、花粉症の中でも少量の花粉に反応する方は注意が必要です。

 

冬こそマスクやうがいで対応しよう

冬の花粉症にも、一般的な花粉症の対処法がよく効きます。マスクをしたり、帰ったらうがいをするというのは、花粉症だけではなく、インフルエンザ対策などにもぴったりです。

 

冬こそマスクをしっかりして出かけ、帰ってきたらすぐに手洗いやうがい、場合によってはコートなどの汚れをよく落として、花粉症対策をしましょう。

 

春になると花粉症がひどくなるが冬はたいしたことはない、という場合には、冬のうちから花粉症対策をしておくことをお勧めします。早めに治療薬をもらったり、レーザー治療などを冬のうちに済ませるのもよいかもしれません。 

(Photo by:pixabay

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

基礎知識に関する記事

花粉症と勘違い!?肺炎などの危険な病気

  花粉症の主な症状は、くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみです。   ...

原因植物を特定するには?花粉症の診断はどのような方法で行うの?

花粉症はスギ花粉だけでなく、ブタクサなどのキク科植物やイネ科植物の花粉やその他...


オリーブや雑草が原因で花粉症が発症する?!花粉症の原因となる植物

日本ではスギ花粉を原因とした花粉症が有名ですが、花粉症の原因はスギだけではあり...

花粉症による皮膚炎って?

  春になると嬉しい桜の開花情報とともに、花粉症もやってきます。 年々...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る