カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 種類 >
  5. 季節性うつ >
  6. 季節によって眠りやすさは全然違う!過ごしやすい秋…実は過眠になりやすい季節だった!?

メンタル

季節によって眠りやすさは全然違う!過ごしやすい秋…実は過眠になりやすい季節だった!?

季節ごとに睡眠の量や質、眠りやすさには少しずつ違いがあると言われています。

例えば春眠暁を覚えず、といった言葉のように、春には眠くなる方が多いでしょう。

秋の場合は睡眠環境、睡眠に関する体の変化など、どんなところに特徴があるのかを見ていきましょう。

 

気温は過ごしやすく、不眠の可能性は低い

秋は気温という観点から見てみると、不眠になる要素はそれほど多くはありません。

冬になると寒さから眠りにくい、寒さからくる頻尿で起きてしまうなどの問題がありますし、夏は暑くて寝苦しい問題があります。

それに比べると、秋は過ごしやすく、暑くも寒くもないので、眠りのためにはちょうどよい季節と言えるでしょう。

 

冬季うつで過眠が始まりやすい季節

一方で、秋の気候の特徴として、冬に向けて徐々に日差しが弱くなり、日照時間が短くなる問題も挙げられます。

これによって徐々に体内のセロトニン量が減り、冬季うつ病(季節性うつの一種)になるリスクが上がってしまうのです。

そのため、冬季うつの代表的な症状である過眠が、秋頃から見られる患者さんもいるようです。

 

秋も春同様、眠くなりやすいと知る

陽ざしが弱まることは、すべての人間のセロトニン量に多少なりとも影響を与えます。

ですので、日差しが弱まるにつれて眠くなりやすい、少々気分が落ち込みがちになることは、秋や冬ならではの眠りの特徴のひとつと考えておきましょう。

大事なことは、これらの特徴に対してどのように対処するかということです。

 

秋の眠りは、環境的にはかなりベターな形となっていますが、冬季うつの始まりに当たることから徐々に過眠傾向が強くなります。

冬季うつ病の予防のために、夏の終わりから精神状態はもちろん、体の状態も整えておくとよいでしょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

季節性うつに関する記事

秋に入って気分が落ち込んでいませんか?こんな○○な症状は季節性うつの兆候かも!?

秋はどんな季節でしょうか。気候としては日本の中では、比較的過ごしやすい、穏やか...

秋といえば食欲の秋!だけど、食べ過ぎて憂鬱になっているあなたは、うつの可能性が…!?

日照時間が減りがちな秋から冬にかけては、冬季うつ病になる方も出てきます。 冬季...


毎年秋に憂鬱になる方は要注意!冬季うつ病の患者が出てくるのは秋からです!

うつ病には、季節性の冬季うつ病というものもあります。これは秋から冬にかけて憂鬱...

食べ過ぎ、寝過ぎはうつ病かもしれない!?冬季うつ病とうつ病の2つの違い

うつ病とは、憂鬱で元気がなくなる症状が出る病気で、日本人の5人に1人がかかる...

カラダノートひろば

季節性うつの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る