カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 過眠 >
  4. 秋の睡眠障害・過眠を予防したい!スリープセレモニーを取り入れてみよう

不眠・睡眠障害

秋の睡眠障害・過眠を予防したい!スリープセレモニーを取り入れてみよう

秋は、環境的には眠りやすいですが、徐々に日差しが弱くなることから1日の体内リズムが乱れがちな季節です。

このことから過眠症や、睡眠障害になる方も少なからずいると言われています。

そんな秋の不眠症・睡眠障害に有効なのが、スリープセレモニーを作ることです。

 

眠るには心の準備も必要

睡眠障害の予防法・対処法としては、光などの目に入ってくるものの管理、セロトニンやメラトニンといった神経伝達物質の管理が主です。

体も眠るための準備を必要としていますが、心も同じように眠るための準備を必要としています。

意識的に『これから眠るんだ』と思わなくても、自然と眠りに対して適応していくような心を作ってくれるのが、スリープセレモニーなのです。

 

眠る前に決まった行動を決まった順番に

スリープセレモニーとは、日々の入眠儀式・入眠習慣のことを指しています。

特別な儀式は必要なく、洗顔、トイレ、歯磨き、本を読む、電気を消すなどでOKです。

これらの入眠儀式は毎日同じことを、同じ順番で行うことによって、心が『眠りの準備に入っている』と感じ、実際に眠りやすくなると言われています。

人間の心は『同じ状態』『パターン』で次の行動や行為を予測しやすくなるので、眠りの準備を持つことは非常に重要です。

 

同じ時間に寝ることも大事

同じ状態にあることを生かすという意味では、普段の入眠時間を大幅に変えないことも重要です。

眠りにつくのがある日は10時である日は2時、といった形では、体内時計そのものが乱れてしまう可能性が高いからです。

普段から入眠時間は1時間以上の差をつけないように工夫しながら、秋の眠りの質をアップしましょう。

 

上記で紹介したスリープセレモニー以外には、パジャマに着替える、ホットミルクなどを飲むといったセレモニーもあります。

 

(Photo by:pixabay

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

過眠に関する記事

どれだけ寝るの? 反復性過眠症

  睡眠障害の中には不眠症もあれば過眠症もあります。不眠症はよく眠れないと...

睡眠記録をとった際の活用方法

生活の記録として睡眠の記録を取っている方もいると思います。せっかく記録をとった...


眠れる森の美女?! クラインレビン症候群の実例

  クラインレビン症候群は反復性過眠症のひとつで、周期性過眠症とも呼ばれて...

睡眠障害は不眠症だけではありません 睡眠障害の種類と原因とは

  睡眠障害は「不眠症」と「過眠症」があります。睡眠障害というと多くの方が「不眠...

カラダノートひろば

過眠の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る