カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 安眠・快眠術 >
  4. 部屋の環境 >
  5. 冬になると冷え性でなかなか寝付けない!そんな時は、タオルで首を温めよう

不眠・睡眠障害

冬になると冷え性でなかなか寝付けない!そんな時は、タオルで首を温めよう

冬の眠りを妨げるものといえば、寒さです。女性には冷え性が多いので、寒さで目が覚めた体験を持つ女性もいるかもしれません。

また、夜になると冷え性がひどくて寝付けないといった声もあります。寒い冬に、寒さから身を守りながら熟睡する技を見てみます。

 

加湿も気にしつつ室温を上げておく

寒さを解消するためにまずするべきことは、やはり室温を上げることです。周囲が暖かければ、体も少しは温まります。

冬場の室温の目安は大体18-22度くらい、湿度は60%程度になるように、調節してみてください。

ヒーターを使うと室温は上がりやすいですが、その分湿度も下がりやすいので、加湿器などを使うのもお勧めです。

普段から温度計と湿度計を部屋の中に置いて、快適な温度・湿度を維持するように心がけましょう。

 

血めぐりを良くする首の保温

手足が寒いときは手先足先を温めればよい、と考える方もいますが、それだけでは足りません。

むしろ、全身の血流を良くするためには、首を温めた方が効果的と言われています。

 

今日は寒くてなかなか眠れなくなりそうと思った時には、水で絞ったタオルをレンジに数十秒かけたものを首回りに巻いてみてください。

そして10-20分経ち、タオルの熱が取れてから眠るようにすると、全身の血流がよくなっており、眠りやすい状態です。

人によっては、手足を温めずに首だけ温めても手足が自然と温まることもあるので、まずは首を温めることからスタートしてみてください。

 

冷え性の方は、冬は冷たい飲み物を避けておきたいところです。水を飲むときも冷蔵庫に入れてあるものではなく常温のものを飲みましょう。

また、お風呂にじっくり入ることで芯まで体を温めるのも有効です。

 

(Photo by:pixabay

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

部屋の環境に関する記事

心地よい眠りには寝室の温度が大切!睡眠と温度の関係について

 寒い冬、足が冷え切って寝付けない・・・。暑い夏、エアコンをつけて寝て、タイマー...

寝苦しい夏の夜…クーラーや扇風機をうまく使って、家族が気持ちよく眠るためのヒント

毎日のように気温が高くなる夏、日が落ちる夜でさえ「熱帯夜」といわれるほど、寝...


熱帯夜なんて怖くない!?暑い夏に快適に眠るためにできる4つの工夫

暑い夜に、「ぐっすりとよい眠りにつける工夫」は何かしているでしょうか。眠りにつ...

より良い睡眠のために♪部屋の明るさは月明かりや星明りを参考にしよう

あなたは寝るとき、照明を消しますか?豆電球を付けたままですか?   子供のころ...

カラダノートひろば

部屋の環境の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る