カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 冷え性 >
  4. 対処法 >
  5. グッズ >
  6. 気温の影響や夏バテの後遺症で体が冷えやすい時期…秋はじっくり入浴で体を温めよう!

女性のカラダの悩み

気温の影響や夏バテの後遺症で体が冷えやすい時期…秋はじっくり入浴で体を温めよう!

夏には汗を流すために、そしてさっぱり感からシャワーが大活躍しますが、秋になったらシャワーはやめて、入浴に切り替えましょう。

特に女性の場合は、気温の影響や夏バテの後遺症で体が冷えやすくなっていますので、秋にはじっくり入浴して体を温めることが大事なのです。

 

自律神経系の不調なら反復浴をしよう!

最近はお風呂の入り方ひとつでも、さまざまな方法が広く知られるようになりました。

自律神経系が乱れている方は、ぬるい(冷たいシャワー)と高温のお湯に反復して浸かる反復浴がおすすめです。

夏バテのダメージがひどく、自律神経失調症特有のだるさや頭が重い感じがあるなら、秋の入浴は反復浴を取り入れましょう。

自律神経系をある程度整えてから、冷え対策のための入浴方法を試していくのがおすすめです。

 

冷え対策には全身浴+半身浴が効く!

自律神経系のダメージよりも、冷え性の方が気になる場合には、全身浴と半身浴の組み合わせがお勧めです。

1. お湯の温度は38-40度くらいで、まずは全身浴を5分くらい行います。肩まで浸かって、ゆったりとリラックスしましょう。

 

2. 次に、半身浴に切り替えます。お湯の量を減らすか、湯船に椅子などを置いて、みぞおちくらいまで浸かってください。

全身浴よりも時間は長めで、15-20分が大体の目安となります。冷え防止のために、肩にタオルをかけましょう。

これでしっかりと体を温めて、冷え性を防止しながら入浴の効果を最大限出すことができます。

 

冷え防止のためには、入浴剤に気を配ってみるのもおすすめです。体を温める効果のあるしょうがが配合されている入浴剤なども販売されています。

匂いや色など、五感で感じられる部分にも注目しながら、自分にピッタリの一品を選んでみてください。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

グッズに関する記事

寒くて眠れない・・・手足が冷たい時に速攻で温める方法4つ!

末端冷え性や寒さで手足が冷えると、貼らないホッカイロをつつんで手を温めたり、...

末端が特に冷えちゃう…足の冷え性がひどい女性におすすめの足湯の入り方♪

冬の女性の悩みと言えば、やはり冷えに関するものです。気温が低いことから1年で一...


内臓型冷え性を改善するには"熱い→冷たい"を交互に繰り返す入浴が効果アリなんです!

冷え性の中でも、外側ではなく体の内側が冷えていることが問題なのが、内臓型冷え性...

雨の中外出するとき…夏でも雨に当たれば体が冷える…雨の日の冷え対策は万全に!

  夏は夕方ころ突然の雨に降られることもしばしばです。雨に濡れれば当然、体が冷え...

カラダノートひろば

グッズの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る