カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 事故予防・安全 >
  4. 「環境の工夫・安全教育・運動能力」子どもの事故を防ぐために

育児

「環境の工夫・安全教育・運動能力」子どもの事故を防ぐために

子どもは発達段階にあり、何でも興味を示します。それ故に、大人よりも子どもの方が誤飲事故や怪我は多いようです。子どもの事故を防ぐ3つの工夫を紹介します。

 

●環境の工夫

子どもが走り回ってもけがをしないような家庭を作るという工夫です。ある程度歩き回るようになれば、家の中は子どもにとって楽しい場所であるとともに危険な場所でもあります。

 

例えば簡単に窓を開けて外に出たりするかもしれませんし、家具の角で頭をぶつけたりするかもしれません。環境の工夫としてできることのひとつが、角をクッションなどで覆うという工夫です。

 

●安全教育をする

言葉がわからない年齢からでも安全教育はできます。どのようなことが危険、どのようなことが痛いのか、どうすればこのおもちゃを安全に使えるのかという観点からの教育をする方も多いです。

 

触ってもよいもの、触ってはダメなものを教え込んで、できるだけ子どもを事故の危険から遠ざけましょう。

 

●運動能力を高める

いざというときに脳と体の判断が子ども自身を守れるように、運動能力を普段から高めておくとよいと言われています。

 

運動能力は生まれつきなのでは、と心配な方もいるかもしれませんが、難しい運動をするわけではありません。走ったり、ぐるぐると回ったりといったように、思いっきり体を動かすことが大切です。安全なスペースで運動をさせてあげてください。 

(Photo by http://www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

事故予防・安全に関する記事

はいはい期の赤ちゃんに危険な家の法則とは?あなたの家は大丈夫?

はいはいをし始めた赤ちゃんは、好奇心のかたまりです。 いろいろなものに興味...

【1歳-1歳6ヶ月頃】たっち~あんよ時期の赤ちゃんにおすすめの室内環境の作り方

赤ちゃんによって個人差はありますが、1歳になるころにはたっち、あんよができる...

事故予防・安全の体験談

4ヶ月で寝返りはじめ、ベッドから転落‼︎

あれは4ヶ月を過ぎた頃でした。少し前からうつ伏せをよくするようになり、まだそんなに動けないのに「フン...

毎晩欠かさず生存確認

息子を出産したクリニックから、退院時にプレゼントされた聴診器です。 私が出産したクリニックでは、赤...

カラダノートひろば

事故予防・安全の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る