カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 薬剤性 >
  4. 「合法ハーブ(=危険ドラッグ)」を使用するとどうなるの?危険ドラッグの症状

気になる病気・症状

「合法ハーブ(=危険ドラッグ)」を使用するとどうなるの?危険ドラッグの症状

最近、「合法ハーブ(=危険ドラッグ)」等と称して販売される薬物による事件が多く起こっています。今回は厚生労働省が発表している事件の記事を参考にして、「合法ハーブ(=危険ドラッグ)」について紹介します。

 

「合法ハーブ(=危険ドラッグ)」を吸うとどんな症状を起こすの?

 

「合法ハーブ(=危険ドラッグ)」吸引すると意識障害やおう吐、けいれん、錯乱などの症状がでます。場合によっては救急搬送されたり、死亡したりします。危険ドラッグを吸引して自動車を運転して交通事故を起こすなど二次被害も起こっています。

 

どんな場所で売られているの?

 

「ドラック」と聞くと怪しい外国人やヤクザのような人が道端で道行く人に声をかけて販売しているイメージがあるかもしれません。実際は繁華街やインターネットにおいて「合法である」「痩せる」「元気になる」などとうたって販売されていることがほとんどです。このため、若者を中心に乱用が急速に広がっているという報告があります。平成25年9月現在都道府県報告においては店頭やインターネットで危険ドラッグを販売している業者は全国で240件に上るといった報告も厚生労働省によって発表されています。

 

なかなか目に触れる機会もないと思っている方がほとんどであると思われる「合法ハーブ(=危険ドラッグ)」ですが、以外と身近に販売されています。医療機関や薬剤師のいる薬局などで買った薬以外は使用しない、買わないように気をつけてください。

 

 

 

 

(Photo by:足成 ) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

薬剤性に関する記事

耳が聞こえなくなる原因は様々!「薬剤性難聴」とはどんな病気?

  難聴は、中耳炎や年齢、また突発的な病気などで引き起こされる症状です。 ...

薬剤性過敏症症候群(DIHS)の基礎知識~原因と症状

  薬によっておこる「薬剤性過敏症症候群(以下DIHS)」を知っていますか...


薬でパーキンソン病に?薬剤性パーキンソニズムとは

    薬の服用により神経変性疾患の一種、パーキンソン病のような症状を呈...

薬で歯茎が腫れる?~薬物性歯肉肥大

  健康を取り戻すために服用する薬。 しかし、体に影響を与えるものですか...

カラダノートひろば

薬剤性の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る