カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 依存症 >
  4. 薬物依存症 >
  5. 覚せい剤や大麻より危険な場合も?!危険ドラッグ(=合法ハーブ)と大麻にはどんな違いがあるの?

メンタル

覚せい剤や大麻より危険な場合も?!危険ドラッグ(=合法ハーブ)と大麻にはどんな違いがあるの?

最近、危険ドラッグ(=合法ハーブ)などに関係する事件が多く起こっています。このような危険ドラッグ(=合法ハーブ)には種類などがあるのでしょうか?今回は厚生労働省が発表している記事を参考に危険ドラッグ(=合法ハーブ)と大麻などに違いについて紹介します。

 

成分による違いは?

 

危険ドラッグ(=合法ハーブ)のメインの成分にはさまざまな化学物質があります。さまざまな物質がありますが、これらの物質がもつ作用は大麻や覚せい剤等に類似しており、脳の興奮または抑制作用による幻覚や錯乱などの精神症状を起こしたり、強い依存を起こしたりします。危険ドラッグ(=合法ハーブ)がなかなか取り締まりきれないのはさまざまな化学物質が上記のような効果をもっており、全てを把握しきれていないためです。

 

危険性は?

 

危険ドラッグは覚せい剤や大麻と同じ症状を引き起こします。しかも、違法である覚せい剤や大麻より危険な物質が含まれている場合があります。なぜかというと、覚せい剤や大麻など法律で規制されている薬物はこれまでの研究から心身に及ぼす悪影響などがだいぶん分かっていますが、危険ドラッグは研究がほとんど進んでおらず、原料に何が使用されているか、心身にどのような影響を及ぼすかなどが全くわからないためです。危険ドラッグを使用して重体になったり、死亡したりするケースも発生していることが報道されています。

 

危険ドラッグ(=合法ハーブ)は大麻や覚せい剤と異なり成分が確定していないものも多くあります。規制されていなくても、医療機関や薬剤師のいる店以外で購入した薬品には大きな危険が含まれている場合があります。薬品は医療機関や薬剤師のいる店以外で購入しないように気をつけてください。

 

 

 

(Photo by:足成 ) 

著者: いおさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

薬物依存症に関する記事

すぐ近くに危険ドラッグを使用した人がいた場合…暴れている、嘔吐、それぞれの場合にできること

  すぐ近くにいた人が、危険ドラッグを使用して、それによる症状を呈していたらどう...

薬物による3つの危険!2つの依存性と耐性が薬との縁を切れなくさせる

依存性薬物には、その名の通り薬物に依存してしまう症状が現れます。   薬...


危険ドラッグに多い車の事故…「危険ドラッグは軽いもの」という危険な勘違い、してませんか?

  最近「脱法ドラック」「脱法ハーブ」という名称が変更され、「危険ドラッグ」とい...

子供を『合法ドラッグ』から守るために、親として出来る対策とは?

  子供が中学生になる前から始めておきたい、『合法ドラッグ』から身を守るた...

カラダノートひろば

薬物依存症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る