カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. 加工食品 >
  5. その方法であってる?「さ・し・す・せ・そ」の基本の調味料の保存方法!

健康診断・健康管理

その方法であってる?「さ・し・す・せ・そ」の基本の調味料の保存方法!

  

「さ・し・す・せ・そ」は「砂糖・しお・酢・しょうゆ・味噌」のことを指し、日本の基本の調味料とされています。今回はこれらの基本の調味料の保存方法について紹介します。

 

砂糖

 

砂糖といえばエネルギーが多く菌がはえそうなイメージがありますが、実際は砂糖単体だと浸透圧の関係で菌などがはえにくい調味料です。ただし、温度変化で固まってしまったりするので、日光が当たらず、涼しい場所においておくことをおすすめします。砂糖を水に溶かすなどして濃度が薄まるとカビや菌がわんさか生えますので気をつけてください。

 

しお

 

しおは酸化しにくい・腐りにくい調味料のため、賞味期限自体がありません。しかし、臭いがつきやすいため、他の臭いがつかないように密閉できる容器にいれて保存してください。

 

 

酢といっても最近は米酢などの水以外がほとんど酢酸であるものと、酢の物用や寿司用などといった他の調味料が混ぜてあるものがあります。この2種類においては保存方法が異なります。ほとんど酢酸であるものの場合、暗所の涼しい場所に保存してください。他の調味料が混ぜてあるものの場合、冷蔵庫で保存してください。また、酢酸は酸化作用が強いため、保存容器はガラスやホーロー製の容器を使用してください。

 

しょうゆ

 

保存する際は直接日光の当たらない涼しいところに置いてください。また、開封前はほとんど酸化したり腐敗したりすることはほとんどありませんが、開封すると酸化や腐敗が進み風味が落ちます。できるだけ早く使いきってください。

 

味噌

 

調味料の中では時間がたつことにより品質が落ちやすいものです。特に温度が品質に大きな影響を与えます。このため、冷蔵庫または冷凍庫で保存してください。

 

以上が基本の調味料「さ・し・す・せ・そ」の保存方法です。参考にしてみてください。

 

 

(Photo by:足成 ) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

加工食品に関する記事

生鮮食品とは違う加工食品の農薬基準とは?

  農薬の基準については平成18年からポジティブリスト制度が採用・施行されてい...

加工食品の原材料にも注意!農薬『マラチオン』の性質と、農薬誤飲の際の対処法

マルハニチロの冷凍食品に農薬が混入していたとして、健康への影響が心配されていま...


勘違いして見ているかも?食の安全を守る!加工食品6つの表示とその内容

  加工食品とは流通するときには何らかの加工が施されている食品のことを指してい...

健康食品の効果が高いと認定されているものの見分け方とは?食の安全について

  現在、日本では健康志向が高まり、健康食品が多数販売されています。しかし...

カラダノートひろば

加工食品の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る