カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 花粉症 >
  4. 基礎知識 >
  5. 鼻がムズムズ…花粉症の主な症状と花粉症と間違いやすい疾患にはどんなものがあるの?

アレルギー

鼻がムズムズ…花粉症の主な症状と花粉症と間違いやすい疾患にはどんなものがあるの?

  

花粉症はスギ花粉以外にもあり、最近問題となりつつあるのはブタクサなどのキク科の植物やイネ科植物による花粉症です。このキク科やイネ科植物の花粉は夏場や秋にも飛んでおり、どの季節に花粉症になってもおかしくない状態です。しかし、花粉症と似た疾患もあり、症状を知らないと専門ではない医療機関に行きかねません。今回は花粉症の主な症状と花粉症と間違いやすい疾患について紹介します。

 

花粉症の主な症状

花粉症の主な症状としては「くしゃみ」「鼻水」「涙」「喉のかゆみ」「目のかゆみ」が有名ですが、「頭重感」「頭痛」「倦怠感」「不眠」「身体のほてり」「顔のほてり「イライラ感」「胃腸の具合が悪い」などがあります。「くしゃみ」や「鼻水」「涙」は花粉を外に出そうとする体の働きによって起こります。「喉のかゆみ」「目のかゆみ」は花粉が粘膜につき、その刺激がかゆみとなっています。また、口がかゆいといった口腔アレルギー症候群といわれる症状が出る場合もあります。

 

花粉症と間違いやすい疾患

 

花粉症は風邪の流行する季節や時期に重なる原因植物が多いとされています。このため、風邪の発症初期と花粉症の症状が似ており、風邪であるのに外をうろうろして風邪を悪化させかねません。風邪だと思って侮る人もいらっしゃるでしょうが、風邪をかなり悪化させてしまうと肺炎になったり、急性の蓄膿や慢性の蓄膿の原因となったりします。肺炎は1週間以上の点滴や入院が必要となりますし、慢性の蓄膿となれば手術も必要となります。花粉症の季節であっても、日によって飛んでいる花粉の量は異なります。とくに、雨の日には花粉の量が少ないはずなので、その日にも他の日と変わらないくらいくしゃみや鼻水が出る場合は内科に行ってみてください。

 

このように花粉症では風邪の初期症状と似たような症状を示します。花粉症がいつもよりひどい、長引くといった場合は一度医療機関にかかってみてください。

 

 

(Photo by:足成 ) 

著者: いおさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

熱、咳、くしゃみの3つの観点から、風邪と秋の花粉症の違いを知ろう

花粉症の代表的な症状が鼻水や咳などで、これは風邪の症状でもあります。 秋は花粉...

夏から秋に注意が必要なブタクサ花粉症!ブタクサ花粉症とスギ花粉症…症状の違いを知ろう

春の花粉症と言えばスギ花粉症で、マスクをしたりくしゃみなどに悩んでいる方も多く...


油断は禁物!子どもだから花粉症にはならないわけではないんです!

生まれたときから多量の花粉が飛び交う環境で育っている現代の子どもたち。 近年、花...

治療費と薬代…花粉症の治療費はどのくらい?

  今や花粉症で通院することは珍しくありませんが、ちょっと気になるのが費用のこ...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る