カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. その他 >
  4. 冬になると起きる『ビリッ』!静電気が冬に起きやすい理由…ビックリする静電気を予防する方法

健康診断・健康管理

冬になると起きる『ビリッ』!静電気が冬に起きやすい理由…ビックリする静電気を予防する方法

冬、家のドアを開けようとしたときに、『ビリッ』と指に静電気が走る経験をしたことがある方も少なくはないでしょう。

冬になるとよく体験する静電気ですが、その原因と対策法を見てみましょう。

 

冬は電気の逃げ場所がなく、静電気が起きやすい

冬に限って静電気で『ビリッ』という経験があるのは、夏に比べて冬は乾燥がひどいこととかかわっています。

イオンが少ないと電気は逃げ場所を失いますが、冬はイオンが少ない状態で、おまけにナイロンやポリエステル素材の服も多いです。

合成繊維は電気を通しにくいので、電気が逃げ場をさらに失って体に溜まり、ふとした時に静電気の『ビリッ』がやってきます。

 

乾燥を防いで静電気も予防

冬の気候と静電気が関係していることから、静電気予防のためには、冬特有の乾燥した気候に対処するとよいと言えます。

室内の湿度は50-60%を目安にして、加湿器などを使用しながら、湿度管理をしていきましょう。

正確に湿度を管理するためには、湿度計を使うことをおすすめします。

 

静電気防止グッズも大活躍

電気を放電させるタイプ、衣類の摩擦やまとわりつきを抑えるグッズなど、静電気防止グッズは数多くあります。

しかも、これらのグッズの多くは万単位ではなく、一般的な収入があれば十分買えるくらいの値段ですので、静電気が起きやすいと感じている方は、一度購入してみてもよいでしょう。

 

特にドアノブや車のドアなどは、静電気が起きやすいポイントですので、そこで使えるようにと、キーホルダータイプのものが多く販売されています。

 

人間の体内の酸アルカリバランスと静電気が関係しているのでは、と言われることもあります。

そこで、酸アルカリバランスを取るために、ジャンクフードなどの食生活の見直しをする方もいるようです。

 

(Photo by:pixabay

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

ヨーグルトで本当に腸内環境は改善できるの?

  ヨーグルトは腸内環境によい存在として知られています。実際に腸内環境をよくす...

あなたは知ってる?整形(セイケイ)外科と形成(ケイセイ)外科の違い

  整形外科と、形成外科というのは漢字にすればぼんやりとイメージが浮かぶものの、...


誰かを救うために知っておきたい、2大救命法

  レジャーに行ったときは特に注意する方が多いようですが、普段の生活でも急に人が...

夏疲れ解消のポイントはクーラーの使い方にあった!~夏疲れの原因~

夏疲れの大きな原因の1つが、クーラーです。暑さに負けないよう使うクーラーで、体...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る