カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. 行事 >
  5. 一生食べ物に不自由しないように!お食い初めは平安時代から行われている!?

妊娠・出産

一生食べ物に不自由しないように!お食い初めは平安時代から行われている!?

お食い初めは赤ちゃんが生まれたことを祝う満1歳までにある行事です。今回はこの行事がいつからあるのか、どのような意味があるのかについて紹介します。

 

お食い初めとはどのようなお祝い行事?

 

お食い初めは「一生食べ物に不自由しないように」との願いを込めて初めて赤ちゃんに食べ物を与えるお祝い行事です。地域ごとにお食い初めを行う時期は異なりますが、一般的には生後100日目ごろです。また、このころに歯が生え始めるため、歯が生えたことを祝うや歯の成長を願う意味もあるとされています。

 

どうやって平安時代から行われているのがわかったの?

 

源氏物語絵巻の「柏木の巻」において光源氏が我が子の薫を抱いている「五十日(いか)の祝い」の図があるなどといったことから平安時代にもお食い初めと同じ意味をもったお祝い行事があったことがわかります。

 

どのようなことをするの?

 

正式な方法としては祝い膳を用意し、「養い親」が箸をとり、食べさせる真似をするといった方法になります。「養い親」とは祖父母や親戚の中の最高齢の人になります。なぜ「養い親」が行うかというと、「長寿にあやかる」といった意味があるためです男の子なら男性の「養い親」に、女の子なら女性の「養い親」が食べさせる真似をするのが昔ながらのお食い初めの風習です。現在では食べさせる真似をする人が「養い親」といった風習は薄れており、両親の役割になっていることも多いようです。

 

お食い初めは古くからある行事のため、地方ごとにさまざまな祝い方があります。すんでいる地方の風習を聞き、お食い初めのお祝いを行ってみてはいかがでしょうか?

 

 

(Photo by:足成 ) 

著者: いおさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

行事に関する記事

出産後から満1歳までの赤ちゃんのお祝いって何がある?子供のお祝い事

日本では、赤ちゃんや子どものために妊娠以降から節目ごとにお祝いを行います。 ...

お宮参りの際の作法とは?今更人には聞けない疑問を解決!

お宮参りは赤ちゃんが生まれた後、多くの親が行う行事ですが、具体的にどのような...

行事の体験談

みんなが大好きアンパンマン!

1歳すぎた1歳半ごろ、クリスマスプレゼントとして買いました。 中には、お菓子がいくつか入っていて食...

ドタバタのお宮参りに行ってきました!

つい先日お宮参りに行って参りました。 恥ずかしながら私たち夫婦はお宮参りという行事がある、というこ...

カラダノートひろば

行事の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る