カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 季節 >
  4. >
  5. 体にも心にも影響が出やすい『冬』という季節…高齢者は血圧とうつに要注意です

介護・認知症

体にも心にも影響が出やすい『冬』という季節…高齢者は血圧とうつに要注意です

冬は、高齢者にとっては注意が必要な季節と言われています。

その理由はいくつかあるので、高齢者の冬の生活と体の変化を見てみましょう。

 

●気温差が心臓病の原因になりやすい

高齢者が注意したい疾患のひとつが心臓病ですが、冬になると心臓病のリスクが上がると言われることが多いです。

その理由は室内と室外の急激な気温差で、血圧が一時的に上がりやすく、心臓が負担を感じてしまうことからです。

室内と室外だけではなく、室内と廊下、室内と階段など、家の中でも気温差がある場所は注意が必要です。

 

●冬季うつを発症して認知症悪化

冬季うつとは、冬に日照量が少なくなることで起きるうつ病のことで、これは若者にもみられる病気です。

ただし、うつ病の症状である認知能力や決断力の低下などは、元々認知症を持っているお年寄りが冬季うつになったときに、目立ちやすい症状と言えるでしょう。

冬季うつの認知能力低下がもともとの認知能力低下にプラスされるので、認知症が悪化したと判断されることもあります。

 

●周囲がしっかり管理することが大切

家庭内で介護をしている場合は、冬の高齢者の体・心の変化に、周囲がしっかりと対応・普段からの健康管理をしてあげることが重要です。

体の変化までは見つけられないかもしれませんが、近くで介護していれば心の変化は読み取りやすいでしょう。

最近いつにも増して攻撃的な言動が増えた、寂しがっているようだと感じたら、冬季うつの可能性があります。

 

高齢者にとって冬は負担の大きい季節です。

特に北国にお住いの方の場合には、外での転倒の危険性もグッと高まります。

一人暮らしの高齢者を冬の間だけ預けるタイプのステイもありますので、検討してみてもよいかもしれません。

 

(Photo by:pixabay

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

冬に関する記事

冬の高齢者は肌がカサカサ!かゆみ対策の基本は、保湿クリームとお湯の○○です!?

冬になるとかゆみを訴えてくる高齢者も少なくはありません。 高齢者は皮脂の分泌が...

冬は家の中こそ突然死に注意!家の中の「意外な場所」が、命に関わる危険な場所だった!

冬はヒートショックで亡くなる高齢者が増加するとされています。ではそのヒートショ...


普通のやけどよりも症状が重い!?気付きにくい…秋冬の高齢者の低温やけどに気をつけて!

高齢者は、若年者に比べると皮膚感覚の低下がみられると言われます。つまり、熱い・...

カラダノートひろば

冬の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る