カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ママの悩み >
  4. お受験 >
  5. 子どもの受験に親が先に疲れてしまうのはNG!受験に疲れないための3つの心構え

育児・子供の病気

子どもの受験に親が先に疲れてしまうのはNG!受験に疲れないための3つの心構え

中学受験・高校受験・大学受験…子どもの受験シーズンには、実は子どもだけでなく親も大きな負担を感じて疲れてしまいます。子どもが追いつめられればそれだけ親も追いつめられます。何かやってあげたい・力になりたい…そう思う気持ちはあるけれど、内心“何もしたくない・もう疲れた”と思っているのも隠せない。そんな親御さんに、疲れないための心構えをお伝えします。

 

 

◆ある程度のラインを定めておく!

受験に必死になっているお子さんは、次々に教材を買いたい・スクールへ通いたい・学ぶ場が欲しい…と言います。子どもがやる気になっているのであれば、させてあげることが親の仕事かもしれません。しかし経済的にも苦しくなりますし、沢山の教材や環境を用意したところで結果が確実に出るかどうかは解りません。お子さんには「教材もスクールも、何か1つに絞ること」や「親が助けてあげられる部分はここまで」と、ラインを明確に伝えることも必要です。

 

教材を買うにも費用がかかり、塾やスクールにも送り迎えが必要…それは覚悟の上ですが、1から10まで全て子どもの希望に沿う環境にする必要はありません。“何を与えるのか”ではなく“与えたもので、どう学ぶのか”を見定めてあげてください。

 

◆押し付けることはしない!

ついついやってしまう「これやりなさい!」「あれやりなさい!」。親の気持ちだけで子どもに押し付けては、絶対にお子さんは反発します。少しでもレベルの高い学校へ!と思う気持ちも解りますが、大切な事はお子さんがどこの学校へ入りたいかという部分や、入ってからの数年間が楽しめる環境であることが重要です。

 

子どもは昔から、親が敷いたレールには乗りたくないと思うものです。無理矢理押し付けてしまうことで、親も変に期待をしてしまいます。「私が言った通りにしなさい」という気持ちが本音。思い通りにならなければストレスもたまり疲労大!しかし、それは親の考え方が間違っている証拠です。絶対に押し付けないこと!それが子どもにも親にもストレス回避になります。

 

◆「頼まれたら動く」のスタンスで!

どんな事でも先回りして、お子さんには勉強しやすい環境を作ってあげたいものです。しかし、それではお子さんの要求はエスカレートしてしまいますし、やってもらう事が当たり前になってしまいます。送り迎え・お弁当・夜食などなども全て、お子さんに頼まれたらやる!のスタンスでいましょう。

 

ただ、それではあまりにも素っ気ないかな?と感じてしまう親御さんは、お子さんに一言「何か有れば言ってね、邪魔になるような事はしないけれど、頼まれた事は強力するからね」と伝えておけば、気持ちも伝わります。

 

 

お子さんは、受験シーズンこそ自分のことでいっぱいいっぱいになります。こんな時、親の強烈な期待は、お子さんにとってただの負担でしかありません。先回りばかりして環境を良くしても、親の自己満足で終わってしまい、最終的には疲労が溜まってしまいます。お子さんと互いに協力する気持ちが大切です。無理のないサポートをしましょう。

 

(Photo by //www.ashinari.com/)

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

お受験に関する記事

子どもの受験で親が先にお手上げ!?そんなことにならないよう親もしっかり息抜きしよう

お子さんが受験シーズンになると、親御さんもピリピリとしてしまいますよね。お子さ...

親であるあなたにも大きな負担が!受験ストレスの解消方法

小学校、中学校、高校、大学・・・今は、選択肢も広がり、幼児期から受験勉強をする...

ママの悩みの体験談

2人目について考える。。

息子が成長していくにつれ、いつかは2人目の赤ちゃんが欲しいと思うのかなぁ…なんて考えながら過ごしてい...

家事と育児の両立、イライラしないための工夫

私は2児の母、専業主婦です。 2人目が産まれてから、1日の時間の使い方に色々悩んできました。 み...

カラダノートひろば

お受験の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る