カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ママの悩み >
  4. 育児 >
  5. 育児のコツ >
  6. 子どもが感情的になっていたら…親がすべき正しい対処法

育児・子供の病気

子どもが感情的になっていたら…親がすべき正しい対処法

子育てに悩む親御さんの中に「我が子は感情的になりやすい」「怒ると泣き叫び・物を投げる」などという悩みを抱えている方が非常に多いです。ストレス社会とも言われている現代で、親もストレスを感じているのですが、実はストレスを感じているのは親だけでなく小さなお子さんも同様な様です。感情的になっているお子さんへは、どんな対応をすべきなのでしょうか。

 

 

◆親は絶対に感情的にならない!

感情的になってしまうお子さんは、自分の言いたいことを上手に言えない・言っても周りの意見に押されてしまう…など、思い通りにいかない事の反動として感情がコントロール出来なくなります。それらを全て「うんうん」と聞いて、叱らないでいると、ただ甘えん坊の子どもに育ってしまいます。悪い事は悪いと叱らなければなりませんが、感情的なお子さんには、絶対に感情的に話をしてはなりません。

 

しっかり目を見て諭す様に話しましょう。お子さんの感情が静まらない時には、一度抱きしめてあげてください。抱きしめて背中をトントンと叩いてあげ、落ち着くまで待ちましょう。もし、感情的に怒ってしまった…と思った時には、時間がたたないうちに、ちゃんと謝りましょう。親だから怒っても良い、という訳ではありません。

 

◆子どものタイミングに合わせてあげる

「何があったの?」「どうしたの?」と、お子さんに本心を聞き出そうと必死になっている親御さんの姿をよく目にします。そこまで質問攻めをされてしまうと、お子さんも言うタイミングを見失ったり、言いたい事も切り出せなくなる&言いづらくなってしまいます。お子さんが自分で理由を述べたり、謝ったりするタイミングを、少しだけ待ってあげましょう

 

相手のお友達・親御さんには上手に「今、聞いてみるから待っててね」などと伝え、一緒に少しだけタイミングを待ってもらいましょう。それでも、なかなか自分のお子さんが口を開かない場合には、“一緒に”謝るという姿勢をお子さんに見せてあげましょう。

 

◆“守る”のではなく“一緒に戦う”姿勢を!

上記でも述べましたが、「○○ちゃんは悪くないもんね」「こうしたかったんだよね、ママが悪かったね」など、お子さんの気持ちを必死に守ろうとする親御さんも沢山います。しかし、悪い事は悪いと認めさせなければなりません。どんな事でも、壁が大きくても、命に関わる問題でなければ“逃げる・守る”という姿勢より“一緒に向き合う・一緒に戦う”姿勢を見せていくことが大切です。

 

 

お子さんがパニックを起こし、1日に何度も爆発してしまう子は、その陰で、密かに親の期待に応えようと努力をしていませんか?親に褒められたい・認めてもらいたい・笑ってもらいたい…そんな期待がお子さんにとって負担となり、お子さんなりになんとかやってみたけれど、結果ダメだったという方向にいってしまいます。親御さんは、お子さんの“期待に応える姿勢”が【当たり前】になっていて、“期待に応えられなかった失敗”を【目をつけたかのように叱る】ようになっている方も多いのです。

 

(Photo by //www.ashinari.com/)

 

 

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

育児のコツに関する記事

もうこわくない!授乳による乳首の痛みをやわらげよう!

授乳の時間が苦痛になったら、つらいですね。 赤ちゃんが思いきり吸うのですか...

またすねちゃった・・・どうしたらよかったの!?

お子さんのためを思って言ったのに、すねてしまったなんてことはありませんか?我が...

育児のコツの体験談

生後10日目ごろ・・・反り繰り返りが気になる

入院時から気になっていましたが、息子は私が抱くと、身をよじって落ちそうになりました。それはだんだん派...

子育てに向いてないと思うママがちょっとラクになった言葉

私は子育てに向いてない性格だとつくづく思います。 というのも、いまの悩みが、 ※在宅で仕事してて...

カラダノートひろば

育児のコツの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る