カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 成長の目安 >
  4. 2~3歳 >
  5. 動作・行動 >
  6. 幼い頃の心の傷が致命傷になる!インナーチャイルドにならないための方法

育児・子供の病気

幼い頃の心の傷が致命傷になる!インナーチャイルドにならないための方法

皆さんはインナーチャルドという言葉を知っていますか?はじめて耳にする方もいるかもしれません。これは、子どもの頃の心の傷に関わる、人生をかけた大きな問題です。自分自身がインナーチャイルドなのか、また、自分の育児がお子さんにとってインナーチャイルドを引き起こす原因になるかどうか…しっかりと見定めて向き合っていく必要があります。

 

 

◆インナーチャイルドって何?

インナーチャイルドとは、子どもの時に両親や祖父母・周りの存在や環境などから言葉の暴力や残酷な扱い・冷たい視線・愛情のない扱い方をされて育った方の、【大人になった今、内に眠る子どもの心】を示しています。

 

孤独や悲しさ・苦しみを解放しないまま育って来たあなた自身の心に潜む“子どもらしい感情”のことなのです。例えば、大人になった今でも「母親に甘えたい・愛されたい・抱きしめてほしい・認めてほしい」といった欲求を深く深く持っている事、これこそがインナーチャイルドです。

 

◆自分がインナーチャイルドなのかどうか…

あなたはお子さんの時、どんな育て方をされましたか?両親の愛をたっぷり受けましたか?寂しさや孤独を感じても素直に甘えたり、吐き出せる環境がありましたか?これらにおいて、全てNOだと応えた方は、心に秘めたインナーチャイルドが非常に深く立派に完成しているかもしれません。

 

あなたに子どもが出来ても、子どもへ向ける愛情と同じくらい、自分への愛情も欲しい…そう感じてしまう傾向にありませんか?この感情を解決するには非常に難しく、旦那様や友人では埋めきらない傷なのです。そう、唯一の両親でなければ意味が無いと感じているからです。

 

◆自分の子どもをインナーチャイルドにさせないように。

自分の過去を向き合った次は、今後の我が子のことです。大切なあなたのお子さんをインナーチャイルドにさせてしまうのも親次第。構ってほしい・与えてほしい・愛してほしい…様々な欲求をことごとく冷たい態度で突き放し、泣いている姿を置いてきぼりにしてしまうと、そのうち子どもの中に【欲しいものを掴もうとすると、苦しさや弧度が生まれる】という気持ちが芽生え始めます。

 

これがインナーチャイルドの根本(種)です。ここから更に根を深く育ててしまうと、どんどんお子さんはいい子になります。そう何も迷惑をかけない・なにもわがままを言わない、優等生になろうとします。そうしなければ愛されないという思考になってしまうからです。

 

 

これほどにまで悲しい育児はありません。様々な調査の結果、お子さんの人数が3人以上と多い家庭や、病気を抱えているきょうだいがいる場合等で、誰かしらがインナーチャイルドの根を深く育ててしまっているお子さんがいると言われており、大人にならなければその気持ちは解らない・気づかないとも発言しています。お子さんには【深い愛】が必要なのです。どんな時でも愛をもって接してあげましょう。

 

(Photo by //www.ashinari.com/)

 

 

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

動作・行動に関する記事

子供の調整力を磨く良い機会?友達とのおもちゃの取り合い

2歳を過ぎる頃になれば、子供同士のおもちゃの取り合いなどにはじまる喧嘩が親とし...

必ず通る!?魔の2歳児とどう接すれば?

  子育てをしていると、一筋縄ではいかないこともたくさんあります。 その中で...

動作・行動の体験談

満2歳!とりあえず娘が「イヤ」と言わない日は無い件

2歳は第一次反抗期と言いますが、娘は1歳10カ月ごろから、自己主張がものすごくなってきました。 嬉...

「はやねはやおき4回食」をもとに子育て

我が家は、婦人之友社から出ている「はやねはやおき4回食」をもとに、育ててきました。 起床6:3...

カラダノートひろば

動作・行動の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る