カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. 子どもの「買って買って」攻撃を克服!おもちゃ・おかしを欲しがる子どもへの3つの対処法

育児

子どもの「買って買って」攻撃を克服!おもちゃ・おかしを欲しがる子どもへの3つの対処法

お買い物へ行くとお子さんの“買って買って”攻撃にタジタジ。お子さんからすれば大人の意見は解るけれど自分の主張も通したい!うまく言葉にならない・思い通りにいかない!なんてストレスが爆発し、泣き叫ぶほどおもちゃやお菓子を欲しがってしまう始末…。ママも毎日のお出かけがストレスになりますよね。そんな物欲の強いお子さんへの対処法とはどんなものがあるのでしょうか?

 

 

◆おもちゃがある環境に近づけない

これはどんなママでも知っているかもしれない対処法ですが、とにかくおもちゃがあるコーナー・フロアへは行かない・見せない・近寄らない!です。これは絶対的な鉄則です。見れば物欲に火がつき、欲しがってしまう事が目に見えてわかる場合…お子さんの駄々に十分なだけつき合ってあげられない場合…絶対に近寄らないことです。

 

◆必ず約束を取り付ける!

少し年齢が上がれば、ママとのお約束が出来ます。3歳前後でママの言う事も理解し、それなりに自分の感情をコントロールしようとする努力が出来ます。「今日はおもちゃは買いません」とハッキリ言い切ることが大切です。「何も買わないよ」でも良いですが、「おかしを1つだけ買いにいきましょう」と、目的を明確にさせ、お子さんにも“どんなお菓子にしようかな”と思わせる楽しみを与えておくと良いでしょう。

 

もちろん、おかし以外の物を欲しがっても絶対に絶対に購入してはいけません。お子さんの前で、親が約束を破ることになります。決めたお菓子の数も、増やしてはいけません。絶対に約束通りに動きましょう。

 

◆自分でやりくりさせてみる!

もう少しだけ年齢があがって、4歳くらいになると、小さなお財布を持たせてあげ、やりくりをさせてみましょう。その中には「今日お出かけしたときのオヤツ代」として100円(あまり与えすぎてもダメ)または200円程度いれておきます。そのお金の中で、欲しいものは買って良い!としてあげましょう。

 

そのお金の範囲の中で買いたいものであれば、出来るだけ止めないで、購入してあげましょう。物によっては所持金より高い物を選ぶこともあるので、その場合には「今日は我慢する」か「別のものを選ばせる」などの助け舟を出してあげてください。

 

 

物欲の強いお子さんには、購入しない限り、その場で駄々をこね、泣き叫んでしまうケースも沢山あります。しかし、その姿に我慢ならず購入してしまっては、何も解決しません。普段の生活の中でも“我慢をさせる”ことやある程度気持ちが落ち着くまでそっとしておくなどの対処も必要です。

 

(Photo by http://www.ashinari.com/)

 

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ママの悩みに関する記事

義母との関係をどのようにすればいいでしょうか?義母との関係を悪化させない工夫

結婚して育児をしている中で多くの人が抱える悩みが義母との付き合い方ではないで...

「コラ!」その叱り方でいいの?知っていてほしい「叱り方のコツ」

  お子さんを叱るとき、どんな風に叱っていますか? ついつい、感情的に大声を...

ママの悩みの体験談

仕事と育児の両立

仕事を続けながら出産、育児を行う女性がとても増えてきましたね。 私も長男を出産したあと半年で復...

育児は大変!子供にイライラ

子供にイライラしたってしょうがない。夜泣きも後追いも今だけのことだから、楽しんで育児しよう。わかって...

カラダノートひろば

ママの悩みの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る