カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ホームケア >
  4. 肩こり >
  5. 意外?子どもも肩こりを起こすんです!覚えておいて損ナシ☆子どもの肩こり解消法

育児・子供の病気

意外?子どもも肩こりを起こすんです!覚えておいて損ナシ☆子どもの肩こり解消法

「肩が痛い」「肩が重い」と訴えてくるお子さんに対し「まさか子どもに肩こりなんて無い無い」と思ってしまうママさんもいらっしゃることでしょう。

 

でも実は、小さいお子さんであっても肩こりを起こしてしまうのです。お子さんの肩こりを改善させる方法について探ってみましょう。

 

本当に子どもでも肩こりを起こすの?

子どもの場合、些細な痛みも大げさに言ってしまったり、問題ない場所でも骨折した!や、かさぶたになっている場所でも「血が出てる!」など、つい大げさに言ってしまう姿が何とも可愛らしいですよね。

 

そんな中、「肩が痛い」と訴えてくるお子さんの様子に、いつもながらハイハイと二つ返事をして放っておくと、お子さんの様子がみるみる青ざめていく…なんて経験はありませんか?

 

実は幼稚園くらいの小さなお子さんであっても肩こりを起こしてしまうことがあるんです。

これは、現代っ子の象徴でもあるゲームやDVDなどのテレビ視聴・姿勢の悪さ・睡眠時間の現象・疲労…などが原因だと考えられています。

ストレスを感じ、溜め込んでいるからこそ、解放されず肩や腰に影響が及んでしまうのです。

 

子どもの肩こりの解消法・改善策

まず、とにかくゲームやテレビ視聴などをやめさせることです。止められないのであれば制限をつけましょう。

また、外で体をしっかり動かして運動不足を回避させることも大切です。積極的に公園などへ出かけましょう。

 

そして最も大切なことは、ストレスを溜め込まないことです。溜め込んでしまうと、体の疲労も回復できませんし、質の良い睡眠もとれません。自分自身の気持ちや体を開放的にさせて、出来るだけ自然の空気を体に取り入れて深く深呼吸することを習慣づけてください。

 

入浴と睡眠の時間をしっかり確保しましょう

肩こりの効果的な改善点・解決策はストレスを溜め込まないことだけでなく、入浴や睡眠の時間をしっかりと確保することです。十分なだけ睡眠と入浴に時間を費やし、心も体もリラックスをしましょう。

体の筋肉がほぐれていく様子をしっかりと感じられたのであれば、そのまま眠るとグッと疲れが回復します。

 

大人にだけ発症してしまうと思い切っていた肩こりですが、現代では子どもにも広がりつつあります。

そのまま肩こりを放置してしまうと、お子さんの肩が固くなってしまい、生活に支障がでてしまう…なんてことも。場合によっては腕が上がらなくなったというケースもあります。

 

お子さんの訴えをハイハイと適当に返すのでなく、ちゃんと様子を見てあげましょう。

 (Photo by:足成 )

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

肩こりに関する記事

子どもの肩こりを発見したら…子どもの肩こり解消のためにできること

子どもに肩こりが起こった時、どのように対処するのが正しいでしょうか。今は就学前...

えっ?!子供でも肩こりが起きるの?どうしたら防げる?肩こり予防策

  肩こりは大人だけに起こりがちの症状かと思われるかもしれませんが、今や小学生...

ホームケアの体験談

赤ちゃんの鼻づまり対策~吸引器がないとき~

赤ちゃんの鼻詰まりは病気でなくとも割とよくみられる現象ですよね。赤ちゃんの鼻の粘膜は大人に比べてとて...

試してみよう!便秘解消のワザ!

わが子は最近、便秘に悩まされています(;;) 出ない時は一週間近くでなくなり、母親の私はすごく...

カラダノートひろば

肩こりの関連カテゴリ

肩こりの記事ランキング

人気体験談ランキング

育児・子供の病気のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る