カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. お風呂・スキンケア >
  4. お風呂 >
  5. 癒しのバスタイムをワンランクアップ♪親子で楽しむ!疲れを癒す入浴方法~親子での"浴育"

育児・子供の病気

癒しのバスタイムをワンランクアップ♪親子で楽しむ!疲れを癒す入浴方法~親子での"浴育"

日々の疲れを癒す場所、それはお風呂です。

ママもパパも、お子さんもみんな日常の疲れやストレスを洗い流す大切な場です。

今回はそのお風呂で出来る“親子で楽しむ癒しの入浴法”についてお伝えします!

いつもの癒しタイムをワンランクアップさせて、親子の絆を深めてみましょう★

 

 

◆親子での“浴育”を楽しむ事!

皆さんは“浴育”という言葉を知っていますか?

浴育とはお風呂という裸のつき合いが出来る場所でお子さんとしっかり向き合っていろんな話をしたり、一緒に歌を歌ったり、ちょっとしたお勉強をしたりと、親子で有意義な時間を過ごすための入浴育児です。

親子のスキンシップはもちろん、コミニュケーションをとることも出来る貴重な時間です。

 

普段の生活ではなかなか忙しくて、親と子どもがしっかり向き合う時間は滅多に無いのかもしれません。

そんな時間を癒しという空間(お風呂)に作ることで、いつも以上に互いの心を解放し、向き合えるのです。そんな浴育を楽しんでみましょう。

 

◆低い温度でゆっくり浸かる!

多忙な毎日で、ついお風呂にはササッと入って済ませてしまうという方が多いようです。

しかし、お風呂の時間を十分にとらなければ体にたまった疲労は取り除くことが出来ません。

せっかくお風呂に入るのであれば、お子さんとゆっくりのんびり浸かってみましょう!

 

お子さんとゆっくり入るには、38・39度程の低めの温度に設定し、体の芯から温まれるようにちょっとだけ長風呂をしてみてください。

「今日は特別…」と、お風呂の中に小さなコップとジュースなどを持ち込んで、お風呂の中で話をしながら水分補給をする事も、お子さんにとっては“楽しみ”の1つになるでしょう。

 

◆家族風呂を貸し切ってみよう!

おうちのお風呂で癒されることも最大の癒し効果があるのですが、せっかくであれば、いつもと違った環境で癒されたいものです。

温泉に行くことも良いのですが、家族でゆっくり周りを気にせずに入浴したい!

お子さんがのびのびとお風呂に入れるようにしたい!

そんな方には、“貸し切り風呂”を借りてみてはいかがでしょうか?

完全プライベートで、尚かついつもと違う入浴スタイルに、きっと家族皆、心がほっこりと癒されるでしょう。

 

お風呂に入るという行為は、非常にリラックス効果を高め、体の代謝機能のアップにも効果的です。

日々の疲れが癒され、体が芯から温められる心地よさには、何とも言えない幸福感を感じます。

いつもよりワンランクアップした癒し効果を求めるならば、大切なお子さん・家族と一緒に入浴し、腹を割って話が出来る事こそ、“心の癒し”になるのではないでしょうか。

 

(Photo by //www.ashinari.com/)

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

お風呂に関する記事

たくさん動く8か月児!お風呂上がりの水分補給はどうしてる?何なら飲んでも大丈夫?

  生後8ヶ月にもなると、離乳食を開始している人がほとんどなのではないでしょう...

湯冷めに気をつけて!冬の入浴は、準備を完璧に!

  小さい子どもをお風呂に入れることは、ママやパパにとって一つの大きな作業だと...

お風呂の体験談

お風呂大っ嫌いからお風呂に慣れるまで

新生児の頃、沐浴するとほわ~と気持ちよさそうな顔をし、お風呂好きで良かったねーなんて安心していたので...

お風呂解禁!いつから湯船に入れますか?

1ヶ月検診が終わったら、沐浴だったお風呂が湯船解禁になりますよね! みなさんはいつごろから一緒...

カラダノートひろば

お風呂の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る