カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. パパの育児 >
  4. 子ども&パパからママへプレゼントにいかが?疲れを癒す手作り入浴剤を子どもと作ろう★

育児・子供の病気

子ども&パパからママへプレゼントにいかが?疲れを癒す手作り入浴剤を子どもと作ろう★

毎日子育てに家事に疲れているママへ、パパとお子さんから“癒し”のプレゼントをしてみませんか?パパと一緒に協力し、ママの好みの香りなどをエッセンスにして、世界に1つの癒し入浴剤を作ってみましょう!

 

 

◆簡単アロマがふんわり香るバスボムの作り方★

【準備するもの】

・ 重曹(食用) おおさじ2

・ クエン酸(食用) おおさじ1

・ コーンスターチ おおさじ1

・ アロマ精油 2〜3滴

・ 水または無水エタノール

 

【作り方】

《1》重曹とクエン酸、コーンスターチをしっかりと混ぜ合わせる。

《2》香りや効能を高めたい場合にはお好きな精油を数滴加える。

《3》全体がシットリとして手で丸められるくらいになるまで水、または無水エタノールを少しずつ加えて湿らせていく。

《4》手で好みの形に丸めたり、製氷機などに入れて1日乾燥させたら出来上がり。

 

◆癒されるオススメアロマとは?

アロマの香りにも様々な効能があります。その中でも今回は癒し・リラックスという効能をもつ香りを紹介します。お好きな香りを選んで、バスボムの中に数滴加えて作ってみてください。

・ ラベンダー………緊張をほぐし落ち着かせる効果

・ クラリセージ………ストレスや不安感を取り除く効果

・ ローズ………神経の緊張を緩和し心があたたまる効果

・ イランイラン………中枢神経をリラックスさせ不眠症を和らげる効果

 

◆バスボムを使って癒しに効果的な入浴を!

疲れているママをお風呂で癒し、その後に深い睡眠に入ってもらうためには、【快眠できる効果的な入浴時間・入浴温度】が大切になります。人間は体温が下がってくると眠気を感じるようになっています。あまり熱すぎる温度のお風呂に長時間入っていては、逆に体が疲れてしまうので要注意!適度な体温を保つためには、入浴温度が38〜40度程度で、ぬるま湯に感じるくらいがベスト。入浴時間は20〜30分にしましょう。

 

 

普段何かと忙しく朝から晩まで家事をこなしているママへ、ちょっとしたプレゼント!夏休みなどの自由研究などにしても良いかもしれませんね。パパも一緒に作る事で、家族みんなほっこりとした気持ちになり、家族の絆がより一層深くなることでしょう。

 

(Photo by //www.ashinari.com/)

 

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

パパの育児に関する記事

パパ助けて!ママを悩ます赤ちゃんの夜泣きお助け案

赤ちゃんが夜泣きをしても自分には何もできないと思っていませんか? パパにもでき...

パパ大好きっ子にしたい!ママとは違うパパとの遊び方とは?

多くのママは、子どもと一日のほとんどを一緒に過ごし、毎日たくさん遊んでいますよ...

パパの育児の体験談

育児だって得意不得意がある!カナダ人の夫

私はカナダで子育てをしている一児の母です。 私の夫はカナダ人。 育児には積極的に参加してくれ...

パパと仲良しな息子

うちの息子とパパは、とっても仲良しです。 生まれた時から、息子はなぜかパパっこだったのですが、...

カラダノートひろば

パパの育児の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る