カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. ストレス >
  4. 強くなる >
  5. あなたはしていませんか?"2択思考"が自分を追い詰め、ストレスを溜めているかもしれません

メンタル

あなたはしていませんか?"2択思考"が自分を追い詰め、ストレスを溜めているかもしれません

  

現代は「有りか無しか」「〇か×か」といった思考が多いと言われます。「自分はそんなに極端ではない」と思う人も、仕事や家庭の中でそうした発言をしているかもしれません。

 

「有りか無しか」2択しかない考え方

この思考というのは、例えば「〇〇ができないのなら、ここでやっていけない」「〇〇校くらい出てなきゃ、将来がない」といった考え方です。

人を判断したり、自分の行動を判断するときの基準は決して、「〇か×か」の二択だけではありません。ですが、こうした極端な思考によって、自分や相手の行動や評価を限定的にしてしまうのです。つまり、遊びの部分がない分、「極端な人」と思われているかもしれません。

 

2択思考の人は心の病になりやすい

2択思考は、自分を追いつめてしまうことにもなります。この思考の典型がうつ病なのです。2択思考が極端になり、自分に価値を見いだせないようになるのです。

またうつ病に代表的なこうした思考は、他の精神疾患でも見られます。そのため、うつ病だけではなく、境界性人格障害や、自己愛性人格障害といった疾患を発症する可能性もあるのです。

 

2択思考がある人は、長期の損得を考えることが重要

2択思考はある意味では、究極の効率的な思考とも言えるかもしれません。これ以上に分かりやすい思考というのは、なかなかないでしょう。

本来は、〇か×かという結果を得るまでには、過程、努力、挫折といった様々な経験がつまっているのです。その経験がゆくゆくは自分を助ける、糧になるものなのですが、こうした思考を持っている人は、ずっと先の自分の豊かさよりも、目先の結果を考えて結論づけてしまいます。

そのため、2択思考に傾いてしまうという人は、目先の結果や損得だけで判断を下さないようにしましょう。なるべく長期的な視点で、自分にとっての損得を考えるとよいでしょう。

 

 

子育てにおいても、2択思考に基づく「結果だけを重視する思考」はしてはいけない、ということが想像できると思います。そういった環境の中で育てられた場合、その自覚を持って、自分の思考を客観的に知り、治していきましょう。

 

 

 

(Photo by:pixabay )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

強くなるに関する記事

自律神経を高めてストレスに強くなろう!

  ストレス社会である現代では、いかにストレスを解消させるかが大きな課題と...

ストレスを受け入れる

■人が生きていく限りストレスというものはなくなることはありません。 この世...


ストレスへの対処の仕方を複合的に知っておこう!

  ストレス社会と言われる現代では、ストレスによって精神疾患を発症する数が増え...

ストレスに強い人を参考にする!ストレスを溜めにくい方法

ストレスに強いか弱いかということを、専門的にはストレス耐性といいます。ストレ...

カラダノートひろば

強くなるの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る