カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. ストレス >
  4. 基礎知識 >
  5. 中年期の不思議!中年期には「何もかも捨ててしまいたくなる衝動」が起こりやすい!?

メンタル

中年期の不思議!中年期には「何もかも捨ててしまいたくなる衝動」が起こりやすい!?

  

仕事やプライベートの節目の年齢にさしかかった時に、何もかもを捨てたくなる衝動にかられることがあります。男性ならば40歳前後、女性ならば30歳前後を目安にして、それまで築いてきたものをリセットしたくなる衝動が沸き起こるのです。

 

ゴーギャン・コンプレックス

ゴーギャンとは、フランスの有名な画家のことです。このゴーギャンは画家になる前、家庭も仕事も順調な生活を送っていたとき、株式の暴落などを経験し、会社員をやめ、妻子も捨てて、画家に専念するようになりました。

ゴーギャンがこうした行動をとったのが30代の半ばのことです。このような中年期に起こる、急激なリセット衝動、そして自分の理想を果たしたいと葛藤する気持ちをゴーギャン・コンプレックスと言うのです。

 

ストレスの多い中年期

中年期というのは、ある程度人生の経験も積み、職場や社会的地位の中でも安定した場所にいるとき、とされていました。しかしこの時期というのは、多くのプレッシャーに悩まされる時期だったのです。

 

男性においては、

・仕事場においては上司と部下に板挟みにされる

・年齢的に求人も少なく、その職場でやっていくことが余儀なくされる

・こんな毎日でいいのかという不安

・子どもとの関係に距離ができる

・夫婦関係も若い頃の情熱が冷める

 

また女性においては、

・結婚と言う選択へのプレッシャー

・仕事の挫折感

・人生への不安や迷い

 

などといったストレスを抱えます。こうしたストレスフルな状況下にいると、人は心や体を壊してしまいかねません。そのためその現実から逃避しようと、理想的な世界に飛び込もうとする衝動に駆られるのです。

 

 

ある意味ではこうした中年期というのは、人生の停滞期とも言えるかもしれません。停滞している状態から、これからの人生を見通してしまうことで、不安や葛藤が生じ、それがストレスとなって押し寄せてしまうのです。

 

 

 

(Photo by:足成 ) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

まさかウチの子が!?家庭内暴力の原因とは・・・??

家庭内暴力という言葉・・・我が家は大丈夫、と思っていませんでしたか?しかし、...

子どもの受験ストレスを軽減させよう!親が身につけるべき、子どもとのコミュニケーション術

受験勉強をしているお子さんに対して、親御さんができることは何でしょうか? ご飯...


その肩こり、ストレスが原因かも?働く人は知っておこう!ストレス性疾患について

労働などによる心身のストレスに起因あるいは関連する疾患、つまりストレス性疾患が...

夜に活動することが!イベントに参加することが!心の負担、ストレスになるってどうして?

  夏には心も疲れやすいということを知っているでしょうか。 夏の疲れというと...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る