カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. シミ >
  5. 将来シミ・くすみを作らないために…若いうちに出来る大人肌への第一歩☆

美容・ダイエット

将来シミ・くすみを作らないために…若いうちに出来る大人肌への第一歩☆

学校で部活動に汗を流し、毎日が充実している!という女性の中には、UVケアなど一切していない方もいます。学生時代の肌は非常に健康で若々しいもの。若い時の肌にはいろんなダメージを受けても回復していくだけの力が備わっています。しかし、回復できず、蓄積していき、大きくなった時に、蓄積したものが全て溢れ出る…という怖い将来が待ち構えていることを知っていますか?若いうちに出来る、“大人肌への対策”とは一体何があるのでしょうか?

 

 

◆紫外線を出来るだけ受けないこと!!

とにかく一番の予防は紫外線を受けないことです。外での時間を過ごす時には、日焼け止めクリームなどを塗る必要がありますし、紫外線を受けるのは、顔だけでなく体や足など、肌が出ている部分全てであることを理解しなければなりません。顔や腕のみ、対策をとればそれで良い!というわけではないのです。

 

◆その日の汚れはその日のうちに…

疲れてしまうと、つい、メイクもそのままに夜眠ってしまうことってありませんか?これは肌にとって非常にダメージの大きなもので、メイクをしたまま眠ってしまうことは極力無いようにしましょう!

 

肌についているメイクとは、汚れだけでなく紫外線でのダメージも溜め込み、肌を赤く炎症させたり、ヒリヒリと痛みを起こしたりしてしまいます。メイク汚れなどもそうですが、日焼けも、その日のうちにしっかりとクールダウンし、対策をとっておかなければ、肌に受けたダメージを“吸収”してしまいます。

 

◆肌に重要な睡眠時間の確保!!

これはもう、有名な話なので、皆さん知っているかもしれませんが、肌が生まれ変わるためには、肌のターンオーバーという肌生成の機能が必要です。これは食事などでも機能を正常に保つことが出来ますが、基本的には成長ホルモンの分泌と深い関係をもっているため、成長ホルモンの分泌が正常に行われていないと肌の生成が崩れてしまいます。

 

夜の10時から深夜2時までの間を肌のゴールデンタイムと称して言うことがありますが、この時間に成長ホルモンが最も分泌されると言われています。10時から2時の間に、深い睡眠に入っていると、肌への効果・ターンオーバーの機能促進などが期待できます。

 

 

上記の内容から考えると、とにかく紫外線には浴びず、夜の10時までにはベッドに入って眠る!これでシミ知らずの肌になる…と言えますよね。そう、実際にそれらを実行していただけたら、それで良いのですが。なかなか容易ではありません。そのうち、こうしたシミ対策の生活を送るという事自体に“ストレス”を感じてしまうようになります。“ストレス”も、メラニン色素の生成に大きな関係性を持っているので、ストレスの感じ過ぎにも要注意です。

 

(Photo by //www.ashinari.com/)

 

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

シミに関する記事

そのやけど、放っておいたらNG?やけどがシミになる前に取り除く☆正しい対処法

日常生活の中でやけどをすることは間々ありますが、それがシミになることがあるとい...

長年の悩みの種そばかすは食事に気をつければよくなる?

    美味しく食べて「ソバカス」改善   普段の食事で「シミ・ソバカス...


つい浴びてしまった紫外線…シミの発生を予防する方法とは?シミを蓄積を防ぐ猶予は2日間!?

 夏になると、女性は毎日、日焼け止めを塗って外出します。若いうちは毎日塗るこ...

シミの敵は紫外線だけではない!肌がシミを作るメカニズムを知って正しくシミ対策!

  体にも顔にもシミができると老けた印象になるのは避けられません。と言ってもシ...

カラダノートひろば

シミの関連カテゴリ

シミの記事ランキング

人気体験談ランキング

美容・ダイエットのひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る