カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. うんち・おしっこ >
  4. うんちでわかる病気 >
  5. このウンチは大丈夫?新生児・赤ちゃん・子供の疑問徹底解明!良い・悪い便の見分け方

育児・子供の病気

このウンチは大丈夫?新生児・赤ちゃん・子供の疑問徹底解明!良い・悪い便の見分け方

ウンチは、健康を表すバロメーターだと言われています。

赤ちゃんや子どものウンチを見れば、その子の体調がどんなものか、体の中ではなにが起きているか知る情報手段の1つでもあります。

 

今回は、そんな赤ちゃん・子どものウンチを見て、多くのママが疑問に感じていることを挙げてみます。

「こんなウンチ、大丈夫?」「何か病気があるのでは?」など、疑問に少しでもお役に立てたら幸いです。

 

赤ちゃんの便

生まれたばかりの新生児は、ウンチが真っ黒

これはなかなか想像できないでしょうし、何も知らずに真っ黒ウンチに遭遇すると、あまりの驚きに「何か良くない病気かも!」と焦ってしまいます。

 

生まれたばかりの赤ちゃんは、実は、真っ黒なウンチをします

イメージとしては茶色や黄色などを想像しますが、そうではなく、本当の真っ黒です。

 

これは、ママのお腹の中に居た時に飲んでいた羊水や、赤ちゃん本人の尿です。

ママのお腹の中は無菌状態なのですが、私たちの住む世界に生まれてくると、さまざまなもの(空気など)から菌を取り込んでいきます。

 

赤ちゃんの体内に菌が入ることによって、食べたものと菌とが混ざり合い、茶色や黄色のウンチへと変化していくのですが、無菌状態だった赤ちゃんのお腹に溜まっている羊水などは菌に触れないままウンチとして出てくるので、真っ黒な状態なのです。

 

真っ黒ウンチが出ても、悪い病気などではないので安心してください。

ちなみに真っ黒なウンチは産院の先生曰く、無味無臭だそうです。

 

赤ちゃんのウンチに白い粒状のものが…大丈夫?!

赤ちゃんがミルクや母乳を飲むようになり、1日に何度もウンチをするようになると、ママもオムツを変えるのに忙しくなります。

 

そんな中ふとウンチを見てみると、黄色のウンチの中にたくさんの白い塊が!

無数に出てくるなんて…と驚いてしまいますが、これも心配することはありません。

 

赤ちゃんが飲んでいるミルクや母乳の成分で、体内に吸収できなかった脂肪やカルシウムがウンチに混じって排出されただけなので、問題ありません。

生後3,4ヶ月ごろの赤ちゃんまでによく見られる現象です。

2〜3日に1回しかウンチが出ない!これは便秘?

生まれたばかりの頃は1日に何度もウンチをしていたのに、生後数ヶ月もすると、1日に1回どころか2〜3日に1回程度しか排便しなくなった…と不安を抱くママがたくさんいます。

 

「これは便秘ではないですか?」とよく小児科に駆け込む姿を目にしますが、ある程度成長していくと、赤ちゃんも腸に便をためる力がつきます。

2〜3日に1回のペースでもコンスタントに出ているのであれば、それは便秘でなく、その子にとって排便のサイクルとして必要な日数なのです。

 

排便する時にはしっかりと出ていて、本人もご機嫌が悪いわけでなければ、それは体質・個性なので、便秘でなく赤ちゃんの排便サイクルなのだと思って大丈夫でしょう。

 

うんちで子どもの健康がわかる?色と状態まとめ

うんちの様子は健康のバロメーターとも言われています。

うんちから、子どもの健康を見てみます。

 

健康なうんちとは?

健康なうんちの条件は、バナナ状であるということです。

途中で途切れたりせず、色は茶色から黄金色です。

 

3歳くらいの子なら、1日に1-2本のバナナ状のうんちが出ます。

それほど匂いはなく、水に浮くのも特徴です。

おむつをしていると水に浮くかどうかは確認できないので、色や形で判断します。

 

こんなうんちは危険!赤色のうんち

茶色や黄金色とはほど遠い、赤色のうんちが出ている場合には注意が必要です。

細菌性胃腸炎・腸重積などにかかっていると、うんちの色が赤くなります。

発熱が見られる場合は、細菌性急性胃腸炎の可能性が高いです。

 

こんなうんちは危険!黒いうんち

消化器官に異常があると、黒いうんちが出ることがわかっています。

うんちの中に血が混じっているものの、赤くはなく黒いという場合には、十二指腸潰瘍などの危険性があるので病院へ行ってください。

 

ただ、鉄分を多く摂取している新生児・乳児の場合は、腸内でうんちの色が変わって黒いうんちが出ることもあります。

2日から3日以上続かなければ、それほど大きな心配はいりません。

 

こんなうんちは危険!コロコロうんち

大人の場合にも言えることですが、小さなうんちが少しずつ出てくるタイプの場合は、便秘になっていると考えられます。

水分を多めに摂取してうんちを柔らかくしたり、運動習慣をつけてうんちを出す力を養ってください。

 

背後に病気が隠れていることはあまり多くありませんが、長く便秘が続くときは病院に相談してください。 

 

育児のことで心配なら相談しよう

初めての育児は解らないことだらけで、ついつい些細なことでも悩んでしまいます。

「きっと大丈夫だろう…」と思う反面「もし何かあったら?!」と不安に思ってしまう気持ちもあるので、ママは悩んでしまいがちですよね。

それは育児において、さまざまな場面で直面する壁でもあります。

 

心配や不安なことは放置するのではなく、学ぶためにも行動に移してみてはいかがでしょうか。

 

心配であれば小児科・保健センター・支援センターへ行く、またはママ友・両親・友人に相談して、ママの心から不安がなくなる選択をしてみてください。

 

(Photo by://www.ashinari.com/ )

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

うんちでわかる病気に関する記事

気になる赤ちゃんのうんち!離乳食開始後のうんちの変化について

離乳食を開始すると、母乳やミルクだけの時とは違ううんちの変化に驚くこともある...

便に血液が混ざっている!低月齢の男の子に多い赤ちゃんの痔ろうと肛門周囲膿瘍

低月齢の赤ちゃんは特に、皮膚が弱く、少しの刺激でおむつかぶれしやすいものです...

うんちでわかる病気の体験談

3歳児の血便~若年性ポリープなのか、腸炎なのか~

事の発端は2ヶ月ほど前、いつものように子供(3歳)のうんちの後にお尻を拭いてあげるとペーパーに赤いも...

赤ちゃんのウンチが臭い原因は?帝王切開と腸内細菌

世の中に出回っているどの育児本を見ても、離乳食前の赤ちゃんのウンチは「黄色くて甘酸っぱいにおいがする...

カラダノートひろば

うんちでわかる病気の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る