カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. パパの育児 >
  4. 妻が出産…入院前から陣痛・お産、産後のサポートまで!パパが手伝えること・妻が喜ぶことまとめ

育児・子供の病気

妻が出産…入院前から陣痛・お産、産後のサポートまで!パパが手伝えること・妻が喜ぶことまとめ

妊娠中は日々の生活面でサポートが出来たとしても、いざお産になると、何をどうサポートして良いのか解らなくなってしまう新米パパも多いのではないでしょうか?

出産が始めての場合にはママも自分のことでいっぱいいっぱいですし、パパはなおさらアタフタしてしまいますね。

 

奥様の出産時、パパが出来るサポートをいくつか挙げてみましょう。是非、実践してみてください。

 

1 入院前のサポート

お産はどんなタイミングで、いつ、どのように始まるかが全く解りません。

一般的にはおしるしがあり、微弱陣痛があり、破水がある…という流れが多いとされていますが、先に破水することもありますし、おしるしが無く陣痛が始まるということもあります。

 

おしるしに関しては特にサポートはありませんが、破水であれば、奥様を横に眠らせて、羊水が漏れても大丈夫なようにタオルなどを敷き、入院の準備や病院への電話・両家への報告などは旦那様が率先してサポートをしてあげてください。

陣痛の場合には、奥様が求める場所をさすったり、押したりの対処をしましょう。

 

2 陣痛・お産時のサポート

立ち会いでなければ分娩室の外で生まれるまで待つしかありませんが、立ち会い出産をされるのであれば、旦那様のサポートが奥様の最大の力になります。

 

陣痛の痛みを耐えるには、出来るだけ呼吸を止めないで体や下半身に力を入れないようにしなければなりません。

呼吸を止めてしまうと赤ちゃんに酸素が行き届かなくなりますし、体に力を入れて痛みに耐えてしまうと、子宮や下腹部にまで力が加わり赤ちゃんを産む体勢に入ってしまいます。

 

女性にとって陣痛を耐える(いきみ逃しをする)事はとても過酷な状態です。こんな時には、少しでも痛みを緩和できるように陣痛中に背中をさすったり押したりしましょう。

陣痛が収まっている間は飲み物を渡したり汗を拭くなどのサポートをしてください。可能であればビデオや写真などの許可を先生に聞き、奥様の希望を聞いて叶えてあげましょう。

 

3 産後のサポート

産後の奥様は非常に体力を消耗し、疲労が溜まっています。助産師さんが生まれたばかりの赤ちゃんを連れてくるので、赤ちゃんの顔を一目見たら、旦那様は一旦退室することとなるでしょう。

その後、後陣痛と言って、胎盤などを子宮からだす作業・開陰切開後の処置が行われ、奥様とご対面が出来るかと思います。

 

産後のサポートとしては、ドリンクの補給補助や、奥様が欲しいという物を持ってくる・準備するなどのサポートです。

少し落ち着けば、奥様のご家族・ご友人の方々に出産の報告の連絡を入れる役割も請け負うと良いかもしれません。

 

出産は女性が目一杯頑張る一大仕事です。しかし未知な世界だけに、どこまでの痛みなのか、いつまで続くのか、陣痛の先には何があるのか…陣痛を耐えている瞬間でも、ママ自身、先々の事が想像できず不安になってしまいます

 

そんな時にはパパのサポートがどれほど力になるでしょうか。

“何も出来ない”のではなく、そばにいるだけで・存在だけでサポートできていると言っても過言ではありません。パパも一緒に頑張って我が子を迎えましょう。

 

(Photo by:足成 )

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

パパの育児に関する記事

パパが出会う最初の試練!?乳幼児のパパ見知りとうまく付き合う方法

ママが頑張って出産を終え、パパもさぁ育児をお手伝い! 可愛くて仕方ない赤ちゃん...

ママが育児に疲れたときこそ、パパの出番!パパができる小さなこと

パパはたくさん働いて一家の大黒柱として頑張っていますよね。でもママも家族の大黒...

パパの育児の体験談

育児だって得意不得意がある!カナダ人の夫

私はカナダで子育てをしている一児の母です。 私の夫はカナダ人。 育児には積極的に参加してくれ...

パパと仲良しな息子

うちの息子とパパは、とっても仲良しです。 生まれた時から、息子はなぜかパパっこだったのですが、...

カラダノートひろば

パパの育児の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る