カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. パパの育児 >
  4. イクメン必見!ママも嬉しい☆新生児期にパパができる3つのコト

育児・子供の病気

イクメン必見!ママも嬉しい☆新生児期にパパができる3つのコト

「我が子が生まれたら絶対にイクメンになってやる!」と、意気込んでいたパパ。

ですが、いざ新生児の我が子を腕に抱くと、どうしたら良いのかわからない、何をしたら良いのか解らない…という状況に陥ってしまう、そんな方も多いのではないでしょうか。

 

特に新生児期は、母乳を飲むか、寝るか、泣くか…という状態なので、ますますパパの役割は?と疑問に感じてしまいますよね。

新生児期でも、パパには重要な役割があります!是非、自ら進んでイクメンパパになってみましょう。

 

1 生後1ヶ月までの沐浴にトライ!

生まれたばかりの赤ちゃんは、大人と同じ浴槽には入れません。沐浴と言って、ベビーバスなどを使用しお風呂にいれます。

実はこの沐浴が非常に腕の力を消耗し、大変なお仕事なのです。産後のママにはとても厳しい作業です。

 

こんな時には、パパの出番!

赤ちゃんを沐浴に入れる事はパパが率先して挑戦してみてください。沐浴は約1ヶ月程度続くので、その間はママに十分な休息をとってもらいましょう。

 

2 赤ちゃんのミルク作り&ミルクを与える!

赤ちゃんに飲ませるミルクを作る仕事も、是非やってみてください。粉ミルクをお湯で溶かし、その後、少し冷たい白湯を加え、哺乳瓶を流水で冷やします。ミルクが人肌程度の温度になれば飲ませ時です。ミルクを飲ませるところまで是非やってみてください。

 

我が子がミルクを飲む姿はとても愛しくて可愛いです。そんな我が子の姿を見て、パパも“父親”としての自覚が深く深く芽生えていきます。

 

3 ゲップや寝かしつけも、慣れておくとGOOD!

授乳後には、ゲップをさせることを忘れないでください。ゲップを忘れてしまうと、そのうちゲップが出た時に、飲んだミルクも一緒に吐いてしまうことがあるからです。

しっかりゲップを出させ、その後の寝かしつけもやってみましょう。

 

お子さんの寝かしつけまで出来ると、ママは非常に助かります。

産後の疲労・負傷は簡単には治りません。赤ちゃんのためにとゲップさせたり寝かしつけたりする動作はママにとってとても過酷です。

 

新生児の赤ちゃんにとっては自分の欲求を満たしてもらえれば問題なし…なのかもしれませんが、産後間もないママにとっては、パパの存在がどれほど嬉しいことでしょうか。

 

ママの手助けをするだけでなく我が子とのスキンシップをとりつつ、パパ本人も父親としての自覚を感じる、これは非常にすばらしい事です。是非、イクメンパパを目指してみてください。

 

(Photo by:足成 )

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

パパの育児に関する記事

パパもしっかり育児の予習!~赤ちゃんをお風呂に入れてもらおう~【後編】

【後編】では、いよいよ赤ちゃんをベビーバスに入れます。  この記事は、】パパも...

甘え上手なママがイクメンパパを上手に育てられる!?パパにうまく頼ろう◎

パパに育児を手伝ってほしいと思っても、いざパパがやってくれた時に「そうじゃな...

パパの育児の体験談

育児だって得意不得意がある!カナダ人の夫

私はカナダで子育てをしている一児の母です。 私の夫はカナダ人。 育児には積極的に参加してくれ...

パパと仲良しな息子

うちの息子とパパは、とっても仲良しです。 生まれた時から、息子はなぜかパパっこだったのですが、...

カラダノートひろば

パパの育児の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る