カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 皮膚 >
  4. 冬には湿疹、低温やけどなど皮膚のトラブルが多い!知っておきたい、皮膚病の対応策!

気になる病気・症状

冬には湿疹、低温やけどなど皮膚のトラブルが多い!知っておきたい、皮膚病の対応策!

冬は皮膚が傷つきやすい季節です。乾燥から、いくつかの皮膚病になりやすいのですが、どんな皮膚病があるのかを見ていきましょう。

 

●進行性指掌角皮症、一時刺激性接触皮膚炎など

これらは簡単に言えば『手荒れ』と呼ばれるもので、主婦湿疹(家事に伴う湿疹)も手荒れの一部です。

遺伝的素因も多少なりとも関係しているようなので、家族に手荒れしやすい人がいる場合は、事前に手荒れを予防しておいた方がよいと言えます。

手荒れの多くの原因は外部からの刺激にありますので、どんな刺激を受けた時により手荒れしやすいかを調査してみましょう。

洗剤や消毒用のアルコールで手荒れを引き起こしてしまうケースも多いです。

 

●低温やけど

皮膚の病気の中でも特に注意したいのが、低温やけどです。夏にはほとんど起こらないと言われる低温やけどですが、その原因は主にカイロなどにあります。

カイロやこたつ、湯たんぽは体を温めるのに適していますが、その一方で、ゆっくりと体に熱を溜めこませ、やけどを引き起こすこともあります。

低温やけどになる温度は43度くらいからですので、じんわり温かいなと思っているだけでも、意外と深いところまで火傷が進むこともあるのです。

 

●湿疹系はスキンケアで、やけどは病院での治療が必須

低温やけどは見た目に反してダメージが大きいタイプのやけどですので、必ず病院での治療を受けるようにしてください。

低温やけどかもしれないと感じたら、まずは流水で十分流して、その後病院へ行きましょう。

主婦湿疹などを始めとする湿疹は、スキンケアで予防するのが一般的です。皮膚科で処方されるものの中でも特に多いのは『ヒルドイドクリーム』と呼ばれるものです。

他には白色ワセリンなどを使って、湿疹を予防する方法もあります。

 

冬は手足以外の皮膚がダメージを受けることもあります。例えば、唇はほかの場所に比べて敏感なので、保湿用のリップクリームなどを買うのもよいでしょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

皮膚に関する記事

自分だけ?ちょっと外にいるだけで日焼けしてしまう…もしかしたら日焼け・色素性乾皮症かも

これから夏を迎える中、日焼けをする可能性が増えてきますが、他の人と同じくらい...

悪い汗は病気のサイン?悪い汗をかく原因とは?

夏は汗をたくさんかきますが、汗にも良い汗と悪い汗があります。悪い汗には原因があ...


手足が赤くて腫れている!これってしもやけ?しもやけのメカニズムと予防

冬になると手足がかゆくて赤くなる、いわゆるしもやけになってしまう方もいます。 ...

汗で分かる「体の健康」…あなたのかく汗はいい汗ですか?悪い汗ですか?

気温が高くなってくると、何もしていなくてもじっとりと汗をかきますよね。   汗...

カラダノートひろば

皮膚の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る