カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 性病(STD) >
  5. 検査・治療 >
  6. 若い女性が増加中の”性感染症”!性感染症の予防対策

女性のカラダの悩み

若い女性が増加中の”性感染症”!性感染症の予防対策

 

 

自分の体は

自分で守りましょう!


 

 

 [ 産婦人科に通う若い女性が増加 ]

 

「性感染症」を患う若い世代の女性が年々増えているそうです。

 性のモラルが崩れだしたのは今に始まったことではありませんが、その犠牲になるのは、ほとんどの場合が女性です。

 感染経路は高い確率で「性行為」によるものです。

 どうすれば「性感染症」を患わずに済むのでしょうか?

 

 

もちろん、「性行為」そのものをしなければ「性感染症」にかかることもなくなりますが、パートナーができた場合、相手に対して

 性感染症が怖いから性行為をしたくない」

 とは言えませんし、好きだから触れたいし、触れられたいですね。

 

 

=== 対 策 ===

 

◆ 相手を不特定多数にしない

 

  万が一感染してしまった時に、相手へも感染する

恐れがあります。

 

不特定多数の相手がいると拡散にもなりますし、

病気の特定が難しくなるだけでなく、再発もあるでしょう。

 

 

◆ 行為に及ぶ場合

・ 清潔を保つ

・ 避妊をする

・ 排便・排尿を済ましておく

・ 月経中はできるだけ避ける

 

 

◆ 体調が悪い時は性行為をしない

 

   体調が悪い時は、免疫力が低下しています。

   無理をしたために、ならなくていい病気になってしまいます。

 

 

  == 自分をしっかり持って ==

 

 

何事も勇気が必要となります。

 

誠実に真剣に相手に伝えれば、あなたが好きになった

人だものきっと理解してくれるでしょう。

 

 

(Photo by  //www.ashinari.com/2012/07/19-365641.php?category=265)

 

著者: みやぽんさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査・治療に関する記事

性病検査はネット注文も可能?!セックス時の出血について

  セックスのときの出血、原因として性感染症(STD)による炎症が考えられ...

様々な性病の潜伏期間を知って、早期の検査を!

    こんな恐ろしい性病が潜んでいた!   気づいた時にはもう立派な感染者だと...


病院は恥ずかしくて行きにくい?婦人科・性病科~性感染症受診の流れ~

この記事を読んでいる方の中には、STDかもしれないと迷っている方も多いはず。婦...

もしかして性病(STD)かもしれない…STDと言われた!そんな時の病院の選び方

性病(STD)になった時、あるいはその疑いがある時、大切なのは病院で検査・治...

カラダノートひろば

検査・治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る