カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. パパの準備 >
  4. 産後に忙しいママに変わってパパがすべきコト☆出産後15日以内に申請する、児童手当

妊娠・出産

産後に忙しいママに変わってパパがすべきコト☆出産後15日以内に申請する、児童手当

 

子どもが生まれてから、パパは赤ちゃんと触れ合っていくことで父親であることの実感が出てきます。確かに赤ちゃんが生まれたということは、本当に喜ばしいことですが、その喜びにいつまでの浸っているわけにはいけません。

 

出生してから15日以内に申請!

赤ちゃんが生まれたから、もらえるお金というのがあります。そしてそれらは、期限付きで、自分から申請しなければもらえないものだったりするのです。

産後、ママは赤ちゃんの世話に全力です。数時間ごとの授乳が必要ですから、容易に外出することもできません。そんなとき、パパがこうした申請をする必要があります

ここでは出産してから15日以内に申請する必要がある、児童手当金について書いていきます。

 

児童手当って何?

児童手当というのは2012年の4月から「子ども手当」に変わって導入された制度です。

「0歳から中学卒業までの児童を養育している人」に国から支給される手当です。この手当をもらうには出生してから15日以内の申請が必要なのです。

 

提出先は?提出人は?制限は?

この提出先は住民票のある市区町村の役所です。提出するのは家庭の中で一番年収の多い人です。

というのも、所得制限があり、夫婦共働きの場合には年収の多い人で、それが判定されます。それに加えて不要人数などでも所得制限の限度額というのが変わってきますので、詳しい金額を算出したい場合には、直接役所に確認しましょう。

 

提出に必要なものは?

届出人の印鑑

請求者の健康保険証

請求者名義の普通預金通帳

所得証明書

一般的にはこうしたものが必要になりますが、市区町村によっては必要なものが異なりますので、事前に自治体に確認した方がよいです。

 

 

申請の締め切り前月末で、申請をした次の月からお金を受け取れます。また、もし所得制限にひっかかったとしても、月額一律5000円の支給がされます。

 

 

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

パパの準備に関する記事

帯祝いや安産祈願…時期はずれても大丈夫?いつがベスト?

帯祝いとは、妊娠5ヶ月に入ってから最初の戌の日に、安産を願って腹帯を巻き、神...

命の危険を冒してまで子どもを産んでくれた奥さんに、産後祝いのプレゼントをあげよう

今でこそ医療技術が発達したものの、出産は女性にとっては危険な経験の一つです。...

パパの準備の体験談

【頼らない・期待しない・自分でやるのが当たり前】

産後、旦那さんとの喧嘩が増えてしまった方も多いと思います>< 実際にうちがそうです・・。 ...

【切迫流産】安静もままならぬ夫婦喧嘩のあれこれ…

妊娠中は5カ月以上、寝たきり生活を送っていましたが、その間は全て自宅での安静だったので、家族の手助け...

カラダノートひろば

パパの準備の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る