カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. パパの準備 >
  4. 費用・助成金・給付金 >
  5. 出産して一安心♪でも忘れないで!産後に必要なお金に関する申請まとめ

妊娠・出産

出産して一安心♪でも忘れないで!産後に必要なお金に関する申請まとめ

 

出産に際してはかかるお金も沢山あれば、もらえるお金も沢山あります。周りの人からのお気持ちである、お祝い金ももちろんそうですが、自分で申請しなければもらえないお金もあるのを知っておきましょう。

 

産後に申請する、お金に関すること

産後、赤ちゃんに関する必要な手続きがたくさんあります。出生手続きを14日以内に提出しなければならないのはもちろんのこと、知らなければ期限が過ぎてしまうということもあります。

産後はママの体が疲れていたり、授乳で容易に外に出られないといったこともあります。もし里帰り出産をしていたら、ママがそういった手続きをするのは難しいです。そのためこうした手続きに関しては、積極的にパパがこなしてあげてください。

 

どんな手続きをいつまでに?

具体的にどんなことに関する手続きを、いつまでの期限でする必要があるのでしょうか。

 

出産してから15日以内に

児童手当金の手続き

中学校卒業前まで、育児にかかるお金が年金から支給されます。さかのぼって申請することができませんので、早めに申請しましょう。

 

1ヶ月健診までに

健康保険の加入

乳児医療費助成の手続き

健康保険の加入は、各健康保険の窓口(勤務先や役所など)に行います。

健康保険の加入後に、赤ちゃんの医療費を助成してもらえる乳児医療費助成の手続きをします。窓口は住民票のある市区町村役所です。

 

出産した翌日から2年間

出産育児一時金・付加金の手続き

加入している健康保険から、出産費用の一部が給付されます。産科医療保障制度に加入していない病院での出産の場合、金額が変わります。

 

 

他にも、出産に際して医療的な処置が行われた場合には、高額医療費を請求できます。特に専業主婦の場合は、奥さんが旦那さんの被扶養者になっていますので、旦那さんが提出する必要があります。

 

 

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

費用・助成金・給付金に関する記事

子どもが生まれたら14日以内に出さなければなりません!出生届の書き方・届出先

産後の手続きの中でも、もっとも大事な手続きが出生届を出すことです。これによっ...

出産育児一時金だけじゃない!パパも覚えておこう、出産にかかわる公的な補助制度

出産については健康保険から支給される出産育児一時金が有名ですが、これ以外にも場...

費用・助成金・給付金の体験談

ちょっと悲しかった夫の発言

愚痴になりますが・・・。ちょっと愚痴になりますが、主人に言われた言葉に悲しい気持ちになりました。 ...

カラダノートひろば

費用・助成金・給付金の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る