カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. ハンセン病 >
  5. ハンセン病が差別を受けた理由は明治時代までさかのぼる!差別されるいわれのない病気なんです!

気になる病気・症状

ハンセン病が差別を受けた理由は明治時代までさかのぼる!差別されるいわれのない病気なんです!

ハンセン病といえば、その症状よりも差別されていた病気などのイメージが強い方もいるかもしれません。

ハンセン病がなぜ差別されるようになったのか、その原因を見てみましょう。

 

●もともとは患者救済のための隔離

ハンセン病の患者は療養所での隔離を余儀なくされましたが、実はもともとは患者救済のための隔離でもありました。

日本が著しく発展を遂げた明治時代、開国に伴って日本は海外からのさまざまな評価と向き合い、そこから改善策の提示や実施も行ってきました。

ハンセン病患者の放置は、文明国としてはあるまじきこと、という考えのもと、政府がハンセン病患者を療養所に入所する法律を作りました。

 

●療養所に入所するなんて、ひどい病気に違いない!

ハンセン病患者が療養所に入る法律が制定されると、今度はハンセン病ではない方の意識が変わります。

療養所に入所しなければいけない病気=ひどい病気に違いない、という意識が生まれたのです。

私たちが現在暮らす世界でも、●●病の患者は療養所に入所が必要、と言われたら、何か悪い病気なのではないかと思うのは当然です。

もともとは患者救済のために行った措置が、いつの間にか差別を引き起こす要因となったのです。

 

●差別されるいわれのない、治る病気

ハンセン病になってしまったら、一生を療養所で暮らさなければいけない時代があったのは確かです。

ですが現在では、薬の開発も行われ、ハンセン病は治る病気となりました。

もともと感染力の弱いらい菌が原因ですし、治療することもできるので、一方的な差別を受けるいわれはない病気と言えます。

 

ハンセン病は、どちらかといえば栄養状態や公衆衛生が整っていない国で起きやすい病気です。

発展途上国では現在でもハンセン病への差別が続いており、問題がすべてなくなったわけではありません。

 

(Photo by:pixabay

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ハンセン病に関する記事

疥癬になった時の対処法!角化型疥癬に感染した人と接触する場合

    疥癬とはヒゼンダニが体内に寄生することによっておこる病気です。 ...

ハンセン病も恐れないで!早期に治療をすれば治ります!

    ハンセン病は皮膚や上皮の神経期間に障害のでる病気です。昔は「らい...


ハンセン病は治る病気です!ハンセン病を正しく理解しよう!

  ハンセン病は昔「らい病」と呼ばれ、本来治る病気であるにもかかわらず、ら...

抗生物質を服用するだけで治癒できる!ハンセン病の症状など

    ハンセン病は昔「らい病」といわれていました。本来感染は稀で遺伝性...

カラダノートひろば

ハンセン病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る