カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 花粉症 >
  4. 基礎知識 >
  5. 夏から秋に注意が必要なブタクサ花粉症!ブタクサ花粉症とスギ花粉症…症状の違いを知ろう

アレルギー

夏から秋に注意が必要なブタクサ花粉症!ブタクサ花粉症とスギ花粉症…症状の違いを知ろう

春の花粉症と言えばスギ花粉症で、マスクをしたりくしゃみなどに悩んでいる方も多く見かけます。

一方で、秋にも花粉症は存在することがわかっています。秋の花粉症は、主にブタクサによる花粉症です。

 

●道端や河原など、どこにでもあるブタクサ

まず、秋の花粉症の原因となるブタクサという植物について、みていきましょう。

ブタクサはもともとはアメリカからやってきた植物ですが、すでに日本にも根付いています。

道端、河原、公園など、どこでにもあるようなメジャーな植物で、1mほどの高さがあります。

ちなみに、同じく秋の花粉症の原因となるブタクサの仲間であるオオブタクサは、2-4mの高さです。

花粉の飛散は7月下旬―8月初旬くらいから始まり、実際に花粉症を起こす人が増えてくるのは9月以降が多いです。

 

●咳が出やすいブタクサ花粉症

花粉症ということでスギ花粉症もブタクサ花粉症も、基本的にはあまり症状に大きな違いはありません。

ただし、ブタクサの花粉はスギの花粉よりも粒子が小さいので、ブタクサ花粉の方が気管支などに入り込みやすいのが特徴です。

気管支に入り込むことで喘息を引き起こしたり、咳がひどくなりやすいのが、ブタクサ花粉症ならではの特徴と言えるでしょう。

鼻水や目のかゆみなどももちろん出ますので、その点ではスギ花粉症もブタクサ花粉症も変わらないと考えておいてください。

 

喉に症状が出やすいブタクサ花粉症の対策には、マスクが必要です。

花粉症用のマスクを顔にぴったりつけるようにして、帰ったら手洗いうがいなどを忘れないように注意しましょう。

それにプラスして、ブタクサの生えている場所に近づかないのも有効な手段の一つです。

外遊びをするときには、草原などに行かないようにしましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

北海道・東北に多いシラカバ花粉症

  スギ花粉症の人が北海道へ行くと花粉症が治る……そんなことを聞いたことはあり...

体の免疫反応が過剰に反応してしまう?!花粉症になりやすい人は花粉対策を!

花粉症はスギ花粉だけでなく、ブタクサなどのイネ科植物、りんごの花粉などさまざま...


スギだけじゃない? ヒノキ科の花粉症

  患者数の最も多いスギは、ヒノキ科の植物です。 スギ花粉症の人は同じヒノキ...

熱、咳、くしゃみの3つの観点から、風邪と秋の花粉症の違いを知ろう

花粉症の代表的な症状が鼻水や咳などで、これは風邪の症状でもあります。 秋は花粉...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る