カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 花粉症 >
  4. 基礎知識 >
  5. 「熱・咳・くしゃみ」の3つの症状から風邪と秋の花粉症の違いを知ろう

アレルギー

「熱・咳・くしゃみ」の3つの症状から風邪と秋の花粉症の違いを知ろう

花粉症の代表的な症状が鼻水や咳などで、これは風邪の症状でもあります。

秋は花粉症にもなりやすく、風邪にもなりやすい時期ですので、症状でこの2つを判断する方法を見ていきましょう。

もちろん、最終的には病院での確定診断が必要ですので、参考までにと考えておいてください。

 

熱が出ることが多い風邪

風邪の場合は、熱が出やすいのが特徴です。花粉症でも熱が出ることはありますが、それは非常にまれなパターンです。

出るとしても微熱程度と言われているので、高い熱が出たら風邪、もしくはインフルエンザの可能性を疑いましょう。

 

秋の花粉症では咳がひどい

秋の花粉症ならではの特徴なら、咳がひどいことが挙げられます。秋の風邪にももちろん咳があるのですが、花粉症では特定の状況で特に咳がひどくなります。

常に咳が出るなら風邪や喘息、咳喘息の可能性あり、外に出た時に限って咳がひどいなら花粉症の可能性ありと考えましょう。

また、花粉症では喉が痛いというよりも、かゆいという症状の方が出やすいです。喉の内側に手を入れて掻きたいと思うなら、花粉症の可能性が高いです。

 

連発のくしゃみは花粉症ならでは

くしゃみも風邪と花粉症の両方で見られますが、連発するくしゃみかどうかというのは大きな違いです。

風邪の場合はくしゃみが連発することはあまりないのですが、花粉症だとひどいときには10回以上くしゃみが連発します。

また、咳と同じように外でくしゃみが連発しやすいのも、花粉症の特徴の一つです。

 

秋の花粉症の原因はブタクサによるものが非常に多く、ブタクサは河原などでよく見かけます。

河原や山などには出来るだけ行かない、行くときにはマスクなどでしっかり予防するように心がけましょう。 

(Photo by:pixabay

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-01-24掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

夏の終わりごろからの「くしゃみ・鼻水・目のかゆみ」、風邪じゃなくて『秋の花粉症』かも…

花粉症の症状をできるだけ軽くするためには、原因となる植物の種類や特徴、生育場所な...

春だけじゃない! 花粉症の種類まとめ

  花粉とひとくちに言っても、花粉症の原因となる植物はなんと60種類以上も...


日本人の2人に1人は花粉症になる可能性がある

■花粉症の定義花粉症をシンプルに定義すると「花粉が原因となって起こるアレルギー疾...

秋のくしゃみ・鼻水…これって風邪?花粉症?それぞれの症状の違いを、各症状でチェック!

   秋になってだんだんと寒さを感じる日が増えてくると、くしゃみや鼻水が止まらな...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る