カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 花粉症 >
  4. 対策法 >
  5. 全般 >
  6. ブタクサ花粉症に対策する前に、まずは検査でブタクサ花粉症かどうかをチェック!

アレルギー

ブタクサ花粉症に対策する前に、まずは検査でブタクサ花粉症かどうかをチェック!

秋の花粉症の代表と言えばブタクサ花粉症で、咳が出やすい花粉症でもあります。

ですが症状だけでブタクサ花粉症を見抜くのは難しく、正式な診断のためには検査を受けなければなりません。

ブタクサ花粉症かもしれないと思ったら、まずは検査を受けて原因がブタクサにあるのかどうかを調べましょう。

 

●皮膚の検査は、花粉症検査の中でも一般的

ブタクサの花粉症でも、スギやヒノキなどの花粉症でも行われるのが、皮膚の検査です。

花粉症の成分が入っているもので、皮膚に少し傷をつけて、皮膚がどんなふうに反応するかをチェックする検査です。

何らかの花粉症になっているようだというときに、種類を特定するために有用な検査とされています。

 

●症状が出ているときには鼻の検査

ブタクサ花粉症で、まさに症状が出ているときや症状が出やすい季節(秋)に行われるのが、鼻に花粉を入れ込む検査です。

皮膚の検査と同じように、花粉の塊のようなものを作って、それを鼻の中にいれます。

アレルギーであれば鼻の粘膜が反応するので、それによってアレルギーかどうかを判断できるというわけです。

ブタクサにしてもほかのアレルギーにしても、検査の際にはどうしても症状を出して様子を見る検査が採用されます。

そのため、アレルギーを持っている人にとっては、鼻水が出るわ咳が出るわで大変ではありますが、これでアレルギーがわかるのです。

 

ブタクサのアレルギー検査で、ブタクサ花粉症であるとわかったら、次に治療を行っていきます。

薬での治療や鼻水、咳に対する治療がありますが、アレルギーの治療の基本はアレルゲンに近づかないことです。

ブタクサの場合は、家屋内などにあるものではないので、外に出るときに注意すればOKです。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

全般に関する記事

界面活性剤に気をつけて

  花粉から私たちを守ってくれる鼻や目の粘膜、これを傷つける原因として「界...

花粉症の方必見!花粉を家に持ち込まない方法まとめ

外ではマスクでしっかり予防していても、家の中に花粉が持ち込まれてしまったら、意...


目に鼻に症状がつらーい花粉症!花粉症の原因と乗り切るための知恵

つらい花粉の季節が来ると、「花粉」という言葉を聞いただけでなんだか鼻がむずむ...

荒れてしまった鼻の下をケア!

花粉症のシーズンになると鼻のかみ過ぎで鼻の下か真っ赤&ガビガビに……見た目も...

カラダノートひろば

全般の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る