カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. パパの準備 >
  4. 立会い出産はするべき?○○な旦那さんは立会い出産に向かないかもしれません…

妊娠・出産

立会い出産はするべき?○○な旦那さんは立会い出産に向かないかもしれません…

 

出産に立ち会うというのは、とても勇気のいることだと思います。誰もが緊張する場面に入り、実際に取り上げるわけではないにしろ、その手伝いをするのです。

人によっては、立会い出産をしたくない人もいるでしょうし、向かない人もいると思います。

 

立会い出産はしないとダメ?

立会い出産には、各病院である程度のルールがあります。事前に父親学級に参加して、立会い出産における旦那さんの役割を知っておかなければいけないケースもあります。

そうした準備をしても、ギリギリまで立会い出産をしようかどうか悩む方もいるでしょう。悩んでいる場合には、無理に決めるのではなく、病院側が可能ならばギリギリまで悩みましょう

「お産に立会うこと=いいパパ」ということでもありません。出産という瞬間に立ち会えなくても、妊娠や出産後の育児に関われないわけではないのです。

 

こんなパパは立会い出産に向かない

場合によっては仕事があって、出産に立ち会えないこともあるでしょう。そしてそれ以前に、立会い出産自体に向かないという方もいます。

 

・血液が苦手

お産に際しては大量の血液が出ます。それを見ないというわけにもいきませんので、苦手な方は無理に立ち会うひつようはありません。

 

・気が弱い

しばしば夫婦間のパワーバランスで奥さんの方が強く、気の弱い旦那さんが「No」と言えないことがあります。立会うのは自分の意思でなければ、あまり意味がありません。奥さんに気をつかうのも分かりますが、正直な気持ちを言うのも必要です。

 

・義務感だけで決めた

奥さん言われたから、みんなそうしているからといった気持ちで、自発的なものがないまま立会っても、あまり意味がありません。きちんと立会い、しっかりと奥さんを励ます役割をできなければ、むしろ命を懸けて出産をしている場にはそぐわないのです。

 

 

他にもパニックを起こしやすい性格の旦那さんは、立会いには向かないでしょう。向き不向きがあるのは仕方のないことです。立会いはしなければならないものではなく、あくまでも、旦那さんが奥さんを支えるためにするものですから、無理にする必要はありません。

 

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

パパの準備に関する記事

出産のときには配偶者出産(特別)休暇の取得がおすすめ!急な出産では早退が基本となります

愛する人の出産は、旦那さんにとっても、人生でそう何度もない感動の瞬間となりま...

パパになるために!父親学級は妊娠・出産・育児について学ぶ貴重な機会

  近年、イクメン男性が増えていますが、初めての事ばかりで戸惑う男性が多いので...

パパの準備の体験談

【頼らない・期待しない・自分でやるのが当たり前】

産後、旦那さんとの喧嘩が増えてしまった方も多いと思います>< 実際にうちがそうです・・。 ...

【切迫流産】安静もままならぬ夫婦喧嘩のあれこれ…

妊娠中は5カ月以上、寝たきり生活を送っていましたが、その間は全て自宅での安静だったので、家族の手助け...

カラダノートひろば

パパの準備の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る