カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. 男性不妊 >
  5. 男性不妊の多くの原因は「精索静脈瘤」!?自然妊娠も可能?精索静脈瘤と妊娠の関係とは

妊娠・出産

男性不妊の多くの原因は「精索静脈瘤」!?自然妊娠も可能?精索静脈瘤と妊娠の関係とは

不妊の原因は、よく言われるのが女性にある原因です。

ですが、男性が不妊の原因になることも十分にあります。

特に今はある程度年齢が高くなってから結婚、妊娠することが多くなってきました。

高齢での妊娠は、女性の体において問題が語られますが、同様に男性においても問題があることがあるのです。

 

男性不妊のポピュラーな原因「精索静脈瘤」

あまり知られていない病気ですが、男性が原因の不妊の病気として一般的なのがこの精索静脈瘤です。

男性不妊の4割ほどに見られる病気で、男性の6人に1人に認められるとも言われています。

 

この病気は、精嚢内部の静脈が膨れ上がり、コブ状に太くなります。

このコブが精子の生産と質を低下させ、それが不妊の原因になります。

ただ、このコブがあるからと言って必ず不妊になるということではありません。

 

この病気はどんな症状?

この病気を発症していても、ほとんどが無症状です。

まれにみられる症状としては、当該部分の疼痛で、一日の終わりごろに痛みが増強するのが特徴です。

 

なぜ一日の終わりに痛みが増強するのかというと、足のむくみなどと同じで、一日の終わりごろに静脈の流れが悪くなるためです。そのため横になることで、血流が改善し、痛みが緩和するということも特徴です。

また、静脈がうっ滞することによって、精巣が萎縮するということもあります。

 

精索静脈瘤と妊娠

この病気は多くの男性に見られるものですが、必ずしも治療が必要ということではありません。

ですが不妊などの症状に悩んでいる場合には、外科的手術によって直すことができます。

治療をすれば、自然妊娠ができる可能性が十分にあるのです。

 

注意したいのは医療機関によっては、手術ではない方法を勧めることがあるということです。

妊娠と言うことだけを考えれば、体外受精などの方法の方が手っ取り早いのです。

選択は人それぞれですが、手術をすれば自然妊娠も可能だということを知っておきましょう。

 

これだけ多くの人に見られる病気ですから、もしかしたら不妊の原因が男性のほうにあるかもしれないという可能性は、非常に大きなものと言えます。

気になる場合は、一度きちんと調べてみた方が良いでしょう。

 

 

(Photo by:pixabay

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

男性不妊に関する記事

不妊体質って遺伝するの?男性不妊の"遺伝"の可能性

うちの親が不妊症で、ようやく授かった子供が私だった… もしかして私も不妊症...

不妊の原因は女性側?男性側?知っておきたい!不妊の原因と治療の種類

  世界保健機関によれば、「不妊」とは避妊をしていないにも関わらず、1年たって...

男性不妊の体験談

夫のおたまじゃくしちゃんが元気がないと分かって〜鎌倉・長谷寺〜

私たち夫婦は 夫:乏精子症(両側精索静脈瘤) 妻:両卵管閉鎖、AMHが0.83 で顕微授精の道...

高血圧と不妊症の関係

我が家には高血圧管理手帳というものがあります。血圧というのは毎朝おきてすぐに立ち上がったりせずにはか...

カラダノートひろば

男性不妊の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る