カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 薬物依存症 >
  4. 危険ドラッグに含まれる合成カンナビノイド…これが天然のカンナビノイドなら大麻になる!?

メンタル

危険ドラッグに含まれる合成カンナビノイド…これが天然のカンナビノイドなら大麻になる!?

ニュースなどでも名前が広く知られるようになった脱法ハーブは、最近危険ドラッグと名前を変えました。

他にも合法ハーブ、合法ドラッグなど、一般的には様々な名称がありますが、すべてに共通する特徴があります。

 

●合成カンナビノイドが入っている商品

危険ドラッグはさまざまなメーカーが作っており、1つのメーカーでも何十種類といったレベルで商品を持っています。

ですがそのすべてに、合成カンナビノイドと呼ばれる成分が入っているのが特徴です。

この合成カンナビノイドこそが、危険ドラッグの主な作用を作り出しているといっても過言ではありません。

 

●カンナビノイドは大麻

危険ドラッグのように法規制が遅れているものではなく、完全に法規制されているものに大麻があります。

危険ドラッグに含まれる合成カンナビノイド天然だったら、それは大麻草の成分です。

カンナビノイドにもいろいろな種類がありますが、天然カンナビノイドは大麻特有の成分となっています。

危険ドラッグに含まれる合成カンナビノイドですが、薬草のカンナビノイドの構造を元に、人工で作り出されたものです。

正しく使えば医療薬としても活躍する合成カンナビノイドですが、危険ドラッグは医療薬とはなりません。

 

危険ドラッグの名称の一つである脱法ハーブ・合法ハーブなどの名前は、ハーブという名前で自然な印象を与えます。

ですが現実にそこにあるのは、麻薬とほとんど変わらない危険な成分を含んだドラッグです。

大麻も植物ではありますが、健全な考えを持っていれば大麻をわざわざ育てようとは思いませんし、手を出そうとも思わないはずです。

その大麻とほとんど変わらない構造を持っているにも関わらず、名前やパッケージのイメージで手軽さを感じさせるのが、危険ドラッグの大きな問題です。

 

(Photo by:pixabay

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

薬物依存症に関する記事

薬物依存症という病気から『更生』するために~自助グループとはなにか~

  薬物依存症はひとりきりで抱えて治療するのではなく、同じ境遇の人と共有しなが...

いったい何が行われている?薬物依存のリハビリテーション施設とはなにか

リハビリテーション施設(以下、リハビリ施設)とは、依存症の人が依存物質を使う...


危険ドラッグにはアッパー・ダウナー・エロ…様々な種類がある!正しく理解したい危険ドラッグ

危険ドラッグは、ハーブなどの自然なものに薬品を染み込ませたものと考えてくださ...

楽しくなるなんてまやかし!危険ドラッグで死んでしまうことも…ドラッグの危険性を知ろう

事故を起こす人などが続出したことで、注目を浴び、政府主導の規制策も取られるよう...

カラダノートひろば

薬物依存症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る