カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. パパの準備 >
  4. 検査・症状・報告 >
  5. 男性も受けたい不妊検査!男性が不妊検査を受けたときには、具体的にどんな検査が待っている?

妊娠・出産

男性も受けたい不妊検査!男性が不妊検査を受けたときには、具体的にどんな検査が待っている?

 

妊娠出産に向かっていくには、女性だけでなく男性も準備が必要です。どんな準備をするか、どんな治療をしていく必要があるのかを知るには、まず女性、男性共に検査を受ける必要があります。

 

男性が受ける不妊検査って?

不妊治療を受けるとなったら、夫婦一緒に受ける方が良いです。

不妊の原因は、男女で同じくらいの割合であると言いますから、男性が受ける意義も、女性と同じくらいあるのです。

では具体的に、男性はどんな検査があるのでしょうか。

 

触診検査

触診では、精巣を中心に触って確かめます。

触ることで精巣の大きさ、かたさ、腫れ、痛みの有無を調べます。また、立った状態、横になった状態、下腹に力を入れた時の状態の変化も比較します。

 

精液検査

精液の採取は、クリニックの専門の部屋などで、マスターベーションなどをして行います。

精液検査に際しては、数日の禁欲といった準備が必要です。

 

超音波検査

陰嚢に端子をあて、精巣の上下、前後、左右の大きさ、体積をはかったり、精巣の内部に、腫瘍や、結石、血流を確認します。また、精巣の外にある精巣上体、精管も詳しくみます。

精巣内やその周辺に、不妊の原因となるような異常がないかどうかを確認します。特に性行為において、勃起と血流というのは密接に関係しています。超音波検査では、その血流の異常(停滞や逆流など)を確認することができます。

 

内分泌検査

内分泌は血中のホルモンなどの値を測定します。ホルモンの値から病気のパターンを推測することができます。

 

基本的にこれらの検査のうち、触診検査や超音波検査といったものは、男性の医師や検査技師が行ってくれるところが多いようです。

 

これらのすべてを行うわけではありませんが、必要に応じてこうした検査が行われます。他にも遺伝的な原因を探るために、遺伝子の検査が必要になることもあります。

 

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

検査・症状・報告に関する記事

妊娠検査薬はいつからできる?妊娠超初期の判定!

「生理が少し遅い気がする」 「排卵日付近に避妊をしない性交渉があった」 ...

妊娠がわかったら~会社や友達への報告のタイミングと手段は?

  妊娠がわかったらいずれ周囲の人達へ報告することになるでしょう。身内以外の職場...

検査・症状・報告の体験談

女の子希望!赤ちゃんの性別が分かってからの旦那の変化

妊娠6ヶ月の検診で、性別が分かりました。 女の子です。 主人は男系の血筋なので、女の子が欲しいけ...

妊娠中の通院にパパは連れて行くべき!?

妊娠するとママは日に日に変わっていく自分の身体や通院のエコーで見れるお腹の赤ちゃんの動きを見る事がで...

カラダノートひろば

検査・症状・報告の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る