カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. パパの準備 >
  4. 検査・症状・報告 >
  5. 男性の不妊検査のひとつ「問診」 不妊検査の問診で聞かれることまとめ

妊娠・出産

男性の不妊検査のひとつ「問診」 不妊検査の問診で聞かれることまとめ

 

妊娠や出産となると女性は本当に強い気がします。まだ妊娠をしていなくても、これから母になるというだけで、女性のパワーは膨れ上がります。一方男性はというと、妊娠や出産で身体的な変化がないというのもあるのでしょうが、一般的にちょっと女性よりも頼りない印象があります。

 

気になる!男性の不妊検査

不妊に直面したとき、女性だけではなく男性の不妊治療を行うことも大切です。ですから理想は夫婦二人で、不妊検査を受けることになります。しかし男性は、そうした検査に恥ずかしさを感じてしまう人も多くいます。

具体的に男性の不妊検査では、問診や精液検査などが行われるのですが、ここでは問診の内容について書いていきます。

 

不妊検査で男性が聞かれること

問診は、治療の必要があった場合にその後の治療方針を決定する上で、重要になることがありますし、病気の判断にも欠かせません。

まず問診には、口頭形式とアンケート形式がありますが、効率化や恥ずかしさの軽減のために、まずはアンケート形式で行っているところが多いようです。

 

既往歴

問診で重要なもののひとつが既往歴です。男性が原因の不妊がある場合、この今までにかかった病気が大きく影響していることが往々にしてあります。

特に多いのが停留精巣で、これが精子をつくる機能障害の原因になることがあります。長期にわたっての発熱、非常に高い発熱なども精子の製造機能に影響します。他にも、

 

思春期以降のおたふく風邪(おたふく風邪からの精巣炎)

精巣捻転症(またそれによる手術)

精巣をぶつけて腫れた経験

精巣の負傷(またそれによる手術)

前立腺炎

性感染症

鼠径ヘルニア

膀胱や尿道の手術

脳の手術

リンパ節廓清手術

気管支炎などの呼吸器疾患

糖尿病

 

などがあります。一見生殖とは関係がないように見える疾患でも、不妊に関係していることがありますので、自分で判断せずに伝えるようにしましょう。

 

性生活

普段の性生活においても聞かれます。具体的には以下のようなことを聞かれます。

 

普段の性生活が自然妊娠に十分なものかどうか

勃起や射精が適切になされているかどうか

精子を弱らせる要因はないか

妊娠に関する知識をきちんと持っているか

 

などです。性生活という突っ込んだ部分まで聞かれますが、ここで嘘をついては意味がありません。

 

 

ここで男性が積極的に不妊検査に参加してくれたら、女性はとても心強いと思います。

それだけで夫婦のいい関係につながりますから、旦那さんもマイナスな態度を見せず、奥さんのためにも、検査に積極的になりましょう。

 

 

 

(Photo by:足成

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

検査・症状・報告に関する記事

風邪に似ているけど、妊娠初期症状かも?!奥さんが症状を訴えてきたらどうする?

結婚や妊娠は一人ではできませんが、妊娠後から出産まで赤ちゃんを体の中で育てる...

妊娠検査薬はいつからできる?妊娠超初期の判定!

「生理が少し遅い気がする」 「排卵日付近に避妊をしない性交渉があった」 ...

検査・症状・報告の体験談

女の子希望!赤ちゃんの性別が分かってからの旦那の変化

妊娠6ヶ月の検診で、性別が分かりました。 女の子です。 主人は男系の血筋なので、女の子が欲しいけ...

妊娠中の通院にパパは連れて行くべき!?

妊娠するとママは日に日に変わっていく自分の身体や通院のエコーで見れるお腹の赤ちゃんの動きを見る事がで...

カラダノートひろば

検査・症状・報告の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る