カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. パパの準備 >
  4. 基礎知識 >
  5. 妊娠中の体を理解しよう!こんなパパの言葉はNG!ママの心労を増やす言葉

妊娠・出産

妊娠中の体を理解しよう!こんなパパの言葉はNG!ママの心労を増やす言葉

 

基本的に妊娠に関しては、男性よりも女性の方が詳しいですし、体感もできます。それは仕方のないことなのかもしれませんが、この理解の差が、そのまま夫婦間の溝につながってしまうかもしれません。

 

理解の差が生むパパの言葉

最初からパパに妊娠についてよく知っておくべき、ということはありません。しかし「生むのは俺じゃないから」と理解しないままでいると、夫婦の仲が悪くなる可能性もあります。

ですから、最初は理解をしていなくても、妻が妊娠してからでもいいので、情報を集め、妊娠した状態について知っていくことが大事なのです。

 

「妊娠を理由にサボらないで」

妊娠中はどうしても体調の変化に左右されて、家事がおろそかになることがあります。

夫婦二人のときには手の込んだ料理をつくって、家事も全部こなして旦那さんの帰りを待つこともできました。

しかし、妊娠中は1日時間があっても、何も家事ができないことだってあります。

「1日も時間があったんだから、どこかでできたでしょ」というものでもないのです。

ときには、出産を経験した義母からも、こうしたことを言われることもあります。「自分はそれでもがんばった」「自分はもっと大変だったんだ」という気持ちからかもしれません。

ですが、「自分はこれくらいつらい」というのは、他人と並べて比べられるものではありません。他人の言葉よりも、奥さんが訴える言葉の方に耳を傾けて、受け止めてあげてください

 

「妊婦ならこれくらいは普通みたいだよ」

妊娠について勉強をすると、「つわりはこういうもの」「妊娠の後期にはこんなことがつらい」といった情報を得ることができます。

けれどそうしたものは「一般的に」であったり、「個人の感想」でしかありません。実際に妊婦さんに接するときには、目の前の奥さんの症状に即して考えてあげるしかないのです。

妊娠について勉強し、「こんな症状がある」と知ってくれるのはよいのですが、冷静に「妊娠とはこんなもの」と言われてしまうと、大事にされていないような、突き放されてしまったような感じを受けます。

 

 

妊娠中はいくら寝ても体がだるかったり、自分の思うように体が動かないことが多くあります。理解のない言葉で責め立て、ママに不要な心労を与えないようにしましょう。一番大事なのは、ママがお腹の中の赤ちゃんを最優先に考えて動ける環境です。

 

 

 

(Photo by:足成

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

パパになる実感がイマイチわかない…父親の自覚が芽生える方法!

妊娠中はママは心身共に大きな変化を迎え、徐々に母親になるんだという実感もわい...

妊娠中の下痢症状は感染症の可能性も?!カンピロバクターの感染に注意!

妊娠中は生肉や生魚を食べないほうがよいということは、ほとんどの妊婦さんが知っ...

基礎知識の体験談

夫との関係~キレること~

皆さんは妊娠してからご主人との関係性は変わりましたか?私の場合、変わっているとまでは思わないけれど、...

両親学級に参加〜♪パパの沐浴トレーニング

病院で開催されている両親学級に参加してきました!赤ちゃんの沐浴指導でしたが、主役はパパさん達です(*...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る