カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. パパの準備 >
  4. パパも困ってしまう!妊娠したママの感情の乱れ…夫としての対処法

妊娠・出産

パパも困ってしまう!妊娠したママの感情の乱れ…夫としての対処法

 

妊娠すると情緒不安定になると言います。「妊娠して妻が変わってしまった」と思う旦那さんも多くいるでしょう。しかし、そうした変化は妊娠と言う変化をきっかけにして、起こるべくして起こるものです。

 

情緒不安定は人格の変化ではない

妊娠初期は特に、妊婦さんは情緒不安定になりやすいです。

この理由は色々と考えられます。特に初めての妊娠の場合には、妊娠していること自体、そして母親になること自体に大きな不安があります。さらに妊娠したことで体の中のホルモンバランスが変化し、それが感情の乱れとして現れるのです。

この感情の乱れというのは、自分の意思とは無関係に出てしまうものです。別に奥さんの性格が変わってしまった、ということではありません。奥さんも自分の感情をコントロールできないのです。

 

旦那さんはどうとらえるべき?

それでも旦那さんは感情をぶつけられると、感情で返してしまいますよね。旦那さんは奥さんがぶつけてくる感情を、どうやって解釈すればいいのでしょうか。

 

悪い虫がついていると考える

心理学の考え方のひとつですが、自分の意思に反してネガティブな感情が出てしまう場合には、それを人格と切り離して考えてあげます。

「ネガティブお化け」がついている、「怒り虫」がついているという風に考えてあげるのです。そう考えることで、悪いのは奥さん自身ではなく、奥さんについているものが悪いと考えることができます。

 

普段の生理の時から練習

女性の中には、生理の前にイライラしてしまう人もいると思います。これもホルモンバランスの影響で、自分の感情をコントロールできなくなることで起こります。

こうした症状がある場合、旦那さんは妊娠したときの予行練習と思って、対応の仕方を考えてみてはどうでしょうか。

妊娠したときになって、感情を感情で返してはいけないと言われてもすぐにはできないかもしれません。だからその対応を、普段から練習してみるというのも、ひとつの方法です。

 

 

感情をぶつけられれば誰だって感情で返したくなります。しかし、その時、あるいはその後に旦那さんが理解を示してくれると、そのまま関係が悪化するということもありません。自分がストレスを溜めない方法で、奥さんの感情も発散してあげることを考えてあげましょう。

 

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

パパの準備に関する記事

妊婦さんに動悸・息切れ・ほてりがおきやすい理由と対策は?パパもママをサポートしよう

妊娠すると、ママの体は胎児を育てるための体へとバージョンアップしていきます。...

お腹の赤ちゃんの名前はもう決まった?子供の名付けをする時のルールや注意したいこと

赤ちゃんの名付け、どんな名前にしようかとても悩みますね。どんな思いを込めて名...

パパの準備の体験談

【頼らない・期待しない・自分でやるのが当たり前】

産後、旦那さんとの喧嘩が増えてしまった方も多いと思います>< 実際にうちがそうです・・。 ...

【切迫流産】安静もままならぬ夫婦喧嘩のあれこれ…

妊娠中は5カ月以上、寝たきり生活を送っていましたが、その間は全て自宅での安静だったので、家族の手助け...

カラダノートひろば

パパの準備の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る