カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. パパの準備 >
  4. 妊娠初期(1~4ヵ月) >
  5. 腰が痛くなるのはお腹が大きくなってから?いいえ、初期でも腰が痛くなることがあるんです!

妊娠・出産

腰が痛くなるのはお腹が大きくなってから?いいえ、初期でも腰が痛くなることがあるんです!

 

妊娠初期というのは、まだ母体のお腹はあまり目立ちません。ママの方は自分の体の変化がありますから、お腹の中の赤ちゃんを感じることができますが、パパはこの時期、あまり赤ちゃんの存在を感じられないと思います。

 

お腹が大きくなくても知っておいて

お腹が大きくなると、「妊婦さん」と分かりやすくなりますので、パパもわが子の自覚が出てくると思います。しかし、妊娠初期はまだまだ普通の体型に近いので、なかなか妊婦さんという感じはしません。

ただお腹が出ていなくても、母体には大きな変化が生じているものですので、旦那さんはそれを知ってサポートしてあげてください。

 

お腹が大きくなくても腰が痛い!

妊婦さんというのは、多くは腰痛に悩まされます。それはお腹が大きくなることによって、腰に負担がかかったり、子宮が大きくなることによって、骨盤が広げられたりすることによるものです。

しかし、明らかにお腹が大きくなくても腰痛を感じることがあるのです。

これは、妊娠中に分泌されるリラキシンというホルモンによるものです。これは出産に向けて骨盤を開かせるためのホルモンで、この骨盤の変化によって腰痛などの痛みが生じるのです。

ですから、妊娠初期のお腹があまり大きくないときにでも、妊婦さんが腰痛を訴えることはあります。

 

腰の他が痛くなることも

骨盤がゆるむというのは、何も腰痛だけにつながるわけではありません。骨盤自体がいくつかの骨で構成されていますし、足や背中の骨ともつながっています。

そのバランスが崩れることによって、腰だけでなく足のつけ根が痛んだり、お尻が痛くなったり、恥骨のあたりが痛くなるということもあります。

 

 

リラキシンの分泌は妊娠のごく初期から始まることもあります。見た目の変化は感じにくい時期ですが、旦那さんはそれを無下に「気のせい」などと片づけないようにしてください。母体の中でどんな変化が起こっているのか、よく知った上で奥さんに寄り添っていきましょう。

 

 

 

(Photo by:足成 ) 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

妊娠初期(1~4ヵ月)に関する記事

妊娠初期のプレママの食べ物の不安はプレパパと一緒に解消しよう☆妊娠中注意が必要なのは○○!

はじめての妊娠は誰もが不安になるもの特に当事者である妊婦は母親の自覚をもちはじ...

つわりもピークに!妊娠3~4ヶ月の母体の状態は?パパのサポートが欠かせません

妊娠1ヶ月から4ヶ月のまでが妊娠初期とされています。 この時期は、まださほ...

妊娠初期(1~4ヵ月)の体験談

妊娠が発覚して不安!夫と一緒に検診へ行った時のこと

妊娠がわかると喜びと同時に、たくさんの不安が押し寄せてきますよね。夫と一緒に検診へ行きたい方へ読んで...

妊娠初期。旦那さんの変化と妊娠教育開始!

我が家のご主人様は基本的に無関心で、妊活中も本当に子供が欲しいのか疑問なくらいでした。 やっと妊娠...

カラダノートひろば

妊娠初期(1~4ヵ月)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る