カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. パパの準備 >
  4. 男性にもつわりが!?妊娠が旦那の心の負担になる…男のつわり"クバード症候群"の対処法

妊娠・出産

男性にもつわりが!?妊娠が旦那の心の負担になる…男のつわり"クバード症候群"の対処法

クバード症候群を知っているでしょうか?

これは、男性のつわり症状とも言われるものです。

 

男性、つまり旦那さんにつわり症状が出るというのは、何とも想像しがたいかもしれません。

旦那さんに起こる「つわり」とはどんなものなのでしょうか。

 

妊婦さんがいる夫におこる"つわり"症状

クバード症候群というのは、妊婦の旦那さんが「自分自身が本当に妊娠しているかのような身体症状を体験する」という、妄想的な病気です。

 

通常妊婦さんに起こるつわり症状というのは、吐き気、嘔吐、腹痛といったものが起こります。

これに対して旦那さんに起こるつわりというのは、主観的な症状として「自分が妊娠しているような妄想」が強いです。

 

そして身体症状として気分の悪さ、腹痛、歯痛、また不安感といった心理症状も見られます。 

 

うれしい妊娠でも心の負担になっている?

クバード症候群の原因としては、妊娠している自分の妻への感情移入が強いことがあると考えられています。

 

環境の変化というのは、それが嬉しいものであっても「変化」自体が心の負担になります。

旅行先で普段の環境と変わってしまうとストレスから身体症状が出てしまったり、入学や入社といった環境の変化への対応がうまくできないという人は、こうした症状を発症しやすいかもしれません。

 

旦那さんが奥さんとどのように関わっているかというのも、発症の要素となるのです。 

 

クバード症候群の対処法

旦那さんにクバード症候群の症状が出た場合、どう対処するのがよいでしょうか。

 

先述の通りクバード症候群というのは、旦那さんの精神的な要因が大きく関係しています。

そのため、妊娠中の妻や胎児の健康を心配する旦那さんには、かなりの割合で見られるとも言われています。

 

軽い症状が見られる場合、それほど心配をしなくても、自然と症状が消えていく場合が多いようです。

特にストレスを発散できるような生活や行動をすることで、積極的に症状の改善をはかれます。

 

多くの場合は時間が解決してくれますが、ときに、いつまでもストレスが消えずに状態が改善しないことがあります。

その場合には自分で何とかしようとしない方が賢明です。

 

ストレスは発散しようと思っても、うまくできず、むしろストレスに焦点を当てることで、ストレスがあること自体がストレスになってしまうことがあります。

その場合には精神科などの専門の場所で、しっかりと診察をしてもらうことが必要です。

 

自分で「大丈夫」と思うことはあてになりません。

心の状態が悪くなっているときに、自分の判断というのは正しいとは限らないのです。

 

男性でもつわりのような症状を感じたら、周りの人はあまり軽視しないで対応してあげましょう。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-05掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

パパの準備に関する記事

出産のときには配偶者出産(特別)休暇の取得がおすすめ!急な出産では早退が基本となります

愛する人の出産は、旦那さんにとっても、人生でそう何度もない感動の瞬間となりま...

妊婦さんに動悸・息切れ・ほてりがおきやすい理由と対策は?パパもママをサポートしよう

妊娠すると、ママの体は胎児を育てるための体へとバージョンアップしていきます。...

パパの準備の体験談

【頼らない・期待しない・自分でやるのが当たり前】

産後、旦那さんとの喧嘩が増えてしまった方も多いと思います>< 実際にうちがそうです・・。 ...

【切迫流産】安静もままならぬ夫婦喧嘩のあれこれ…

妊娠中は5カ月以上、寝たきり生活を送っていましたが、その間は全て自宅での安静だったので、家族の手助け...

カラダノートひろば

パパの準備の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る