カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 原因 >
  5. ストレス >
  6. セロトニン不足がうつ病の原因

メンタル

セロトニン不足がうつ病の原因

 

 

■脳の神経のバランスを司るセロトニン神経の神経伝達物質であるセロトニンが減少し、慢性的に不足することがうつ病となる原因です。

セロトニンが不足するとバランスを調整できないのですから、脳の活動が全体的に乱れ低下します。脳の様々な活動が低下すれば、その影響は当然精神の活動に現れるのです。


栄養が不足すれば身体がやせ衰えるように、セロトニンが不足すれば精神もやせ衰え、そしてうつ病になります。

セロトニンが不足する原因を把握し、その原因を取り除きセロトニン神経を活性化させることがうつ病改善に繋がるはずです。



■セロトニン不足となる主な原因


先天的にセロトニン不足となる体質

生まれつき脳内のセロトニン神経の活動が弱い人などがうつ病になりやすい。


●不規則な生活習慣によりセロトニン神経が衰える

現代の多様な生活様式によって、

自然の生活リズムが乱され、それがセロトニン神経を劣化させる。

 



■現代になりうつ病が増えているのは、

文明の発達により生活リズムに変化が現れたことが大きいでしょう。


夜でも明るい電灯が所かしこに立ち並び、一日中明るいことで、規則正しい生活リズムから逸脱しやすくなっているのです。中には仕事などで昼夜逆転した生活を送っている人もいます。


そうした変化に脳がついて行けず、その影響が脳のセロトニン不足に繋がってしまうのです。

 

 

(Photo by [//pro.foto.ne.jp/free/product_dl.php])

著者: みゆきさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ストレスに関する記事

うつの症状?身体のサインとストレス発散法

      ストレスはうつ病の最大の原因! 身体からの危険信号にあなたは気づいて...

社会のストレスがうつ病に

■うつ病が年々増加し、最近では社会問題ともなっていますが、その原因は社会にお...


人間だけが感じるストレスを知ろう!うつ病になるリスクが高まってしまう原因とは?

人の脳は他の動物よりも格段に発達しています。それによって、人間のみが感じるスト...

ストレスは心に悪影響だけではない!体も壊します。その理由と内臓疾患について

ストレスは人間の心も体も壊します。それはなぜなのでしょうか?理由とストレスにつ...

カラダノートひろば

ストレスの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る