カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. 輸入食品 >
  5. 中国産食品のこれ以上の検査率アップは難しい!?その理由は、検査で廃棄される食べ物にある!

健康診断・健康管理

中国産食品のこれ以上の検査率アップは難しい!?その理由は、検査で廃棄される食べ物にある!

中国産の餃子、ミルク、鶏肉、といえば、食品問題を起こしたものと記憶している方もいるかもしれません。

中国産食品の安全性には疑問の声も上がっており、検査体勢の見直しや輸入そのものの規制について意見する方もいるようです。

そんな中国産食品ですが、検査率はほかの国に比べると高いのが特徴です。

 

●検査率がもっとも高い国

日本国内に来る輸入食品は、中国、米国、韓国などから来ているものが多いです。

これらの国を比べた時に、中国の輸入食品の検査率は、ほかの国に比べて高くなっています。

平成24年度の輸入食品監視統計を見てみると、中国は15.1%と最も検査率が高いのです。アメリカは10.1%、韓国は5.6%です。

入ってくる数も多いが、その分検査する体制も整っていると言えるでしょう。

(参考URL:厚生労働省 平成24年度輸入食品監視統計 //www.mhlw.go.jp/topics/yunyu/dl/h24-toukei.pdf)

 

●すべてを検査するわけにはいかない

検査率が高いとはいっても、中国産食品で実際に問題が起きているのだから、もっと多くの食品を検査するべきとの声も確かにあります。

ですがそれを行ってしまうと、1日あたり数千万トンの食糧廃棄が出てしまうことになり、食品の流通にも影響します。

もちろん、機械がすべて自動で検査しているわけではなく人の手は必須ですので、人件費や施設費もかかります。

現在の検査状況でも何トンというレベルでの、食品廃棄が行われています。その中には、安全な食品も当然あったはずなのです。

このようなことを鑑みると、これ以上食品検査率を上げるのは難しいと言えるかもしれません。

 

安全な食品を確保したいと思うのは、日本人の共通の願いですが、その一方で食料自給率が低く、他国からの輸入が必要なのも事実です。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

輸入食品に関する記事

2014年には薬漬け鶏肉!2007年の餃子!中国産食品が起こした恐ろしい問題とは

中国産食品、というと危険なイメージを持ってしまう方もいるかもしれません。今まで...

バナナやうなぎは特に注意?危険な輸入食材とは

  輸入食品にしても国産食品にしてもこの食品は絶対に危険とすぐにわかる食品はあ...


中国産食品をゼロにはできない理由とは?食品を買うときに気をつけたい2つのポイント

食品の扱い方が危険な国、危なそうな国といえば、まず中国が思い浮かぶ方も多いでし...

2014年に新たに定められた中国産野菜の輸入規制について!~食の安全~

日本は現在多くの食品を海外からの輸入に頼っています。しかし、日本の農薬の基準と...

カラダノートひろば

輸入食品の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る