カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. ハラスメント >
  4. 夫婦間に起こるモラルハラスメント…声を上げない、上げられない被害者の心理とは?

メンタル

夫婦間に起こるモラルハラスメント…声を上げない、上げられない被害者の心理とは?

 

モラルハラスメントというのは、家庭や職場、男女間など、人間関係がある場所ならばどこでも起こりえます。意味としては、パワハラやセクハラといったものも含まれますが、モラルハラスメントとったときには、夫婦間のそれを指すことが多いようです。

 

夫>妻の関係

日本には「愚妻」という言葉があります。本来は謙遜して言う言葉ですが、モラルハラスメントをする夫は、本当に自分の奥さんを「ダメな妻」と思っています。

 

外では人当りがよく、「いい人」と言われている夫が、家に帰ってくると豹変したように妻を罵倒するといった関係がモラルハラスメントの典型です。夫は妻を「ダメなやつ」とレッテルを張り、威圧的な態度をとるのです。

 

声を上げない被害者

モラルハラスメントの被害者は、あまり自分で声を上げ、加害者に反抗したり、誰かに相談したりといったことはしません。

これはなぜかというと、加害者の言葉によって、自分の自己評価を下げてしまうためです。「自分がダメだから言われる」「迷惑をかけている」と思ってしまうのです。

 

これをさせる加害者の言葉というのは、他人から指摘されたくない部分を批判する言葉です。たとえば、

「どんなふうに育てられてきたんだ」

「それでも母親か」

こうした言葉によって、自分を否定され続けるため、心が疲弊し、弱り、加害者の言葉を受け取ってしまうようになるのです。

 

夫は悪くない、自分が悪いとなる心理

モラルハラスメントの被害者は、「自分がダメだから」のみならず、「夫は本当はいい人」という気持ちすら持っていることがあります。これがあることで、加害者の支配からさらに抜け出せなくなるのです。

モラルハラスメントの加害者は、ときどきものすごく優しくします。

 

これによって「本当はいい人なのに、自分がダメなせいで怒らせてしまっていた」と考えるのです。それどころか、こうした優しい時があることで「この人が自分の唯一の理解者」と思ったりします。

 

そうすると、加害者から離れようと考えること自体が悪いこと、と思ってしまい、逃れられないのです。

 

こうした心理状態になっていくと、被害者でも、自分が被害者であるという自覚が持てなくなります。なんせ「自分がダメなことが悪い」のですから、加害者が悪いとは思えないのです。まずはこうした特徴を知ることが、モラルハラスメントの状態を解消する第一歩です。

 

モラルハラスメントのストレスからの離婚、慰謝料は取れますか?

言葉の暴力であるモラルハラスメントは、時に夫婦関係を終わらせる原因になることもあります。モラルハラスンメントのひどいパートナーから離れるとき、慰謝料はどうなっているのかを見ていきます。

 

離婚までの段階を知ろう

まずは、離婚で慰謝料を取るために必要な、離婚までの段階をチェックしていきます。

 

最初は離婚協議というもので、お互いが納得して離婚する形です。話し合いをして離婚、というイメージです。それがだめなら裁判所に間を取り持ってもらう調停手続きがあり、そこで合意すれば離婚成立です。

調停にも納得できないなら、今度は訴訟をして離婚成立となります。

 

モラハラの慰謝料は『継続性』がポイント

モラルハラスメントは言葉の暴力、つまり暴力の一種ですので、慰謝料を取れる可能性が十分にあります。ただし注意したいのは、何の証拠もない時点では慰謝料を取るのが難しく、暴力が一過性でないことの証明が必要です。

 

具体的には以下のような方法をお勧めします。

・パートナーの暴言を録音・録画する

・日記や手帳に、いつモラルハラスメントがあったかを書き込む

・精神的な障害を負った場合、医師の診断書をもらう

 

普段から継続的にモラルハラスメントを受けていることを立証することが、慰謝料をもらうという意味では重要です。

 

金額は数十万円-200万円程度

モラルハラスメントの頻度や状態、それによって受けた損害の程度によって、金額にはかなりの差が出ます。

 

一般的には数十万円から、高くても200-300万円程度の慰謝料と予想されます。 (参考:LEGAL MALL(弁護士法人ベリーベストによる法律情報サイト) 離婚時の慰謝料の相場とできるだけ多くの慰謝料をもらうための方法)

 

弁護士に頼んで、パートナーとの離婚訴訟を進める場合には、モラルハラスメントに強い弁護士を選ぶとよいです。弁護士事務所のホームページで、今までの実績やモラルハラスメント離婚の取り扱いがあるかを確認してみましょう。

 

弱い者をいじめるモラルハラスメント…加害者はなぜ、こんな行動をとってしまうのか?

夫婦間のパワーバランスで夫の方が強く、夫の方が妻にきつく当たる夫婦というのが、しばしばあります。夫婦間のことというのは、あまり他人が立ち入る話ではありませんが、こうした関係が、モラルハラスメントにつながっているかもしれないということを知っているでしょうか。

 

モラルハラスメントってなに?

他の〇〇ハラスメントと同じように、短くしてモラハラと言うこともあります。モラルハラスメントというのは、人との関係性の中で、自分よりも弱い立場の人間に対して、嫌がらせなどをすることです。人の気持ちに思いをはせることができれば、弱い立場の人をいじめるというのは、良心が痛みます。

 

加害者はどうしてこんな行動がとれるの?

相手のことを思いやれれば、モラルハラスメントのような行動はとれないと思います。それなのになぜ、モラルハラスメントをしてしまう人というのは、弱い立場の人をいじめるような行動がとれるのでしょうか。

 

モラルハラスメントの加害者には、無自覚な人が多いです。

 

自分がしていることの良し悪しに対して、判断する心の機能を、無意識のうちに低下させているのです。つまり自分の都合の良い答えを導くため、自分の心を操作しているのです。

 

ある意味の自己防衛

こうした人は自分自身に自信がなく、他人を自分よりも下に置かなければ自尊心を保てません。

ですが、そういった自分の心の弱さに直面することができず、自分の心を保つために弱さを隠し、その都合のいい修正自体も忘れてしまうのです。

 

自分の心の弱さに押し潰れそうな自分を、そのストレスから守るための自己防衛なのです。

 

こうした本人も自覚していない自己防衛によって、加害者の心を変えるのは非常に困難です。そのため、モラルハラスメントの被害者やその周囲の人が、加害者の心を変えようとしても、疲弊してしまうだけで、非常に難しいのです。

 

自分では気づかない!?モラハラの加害者になっていませんか?モラハラチェックリストで確認!

近年、増えつつ有るモラルハラスメントという言葉を知っていますか?

性的な支配をするセクシャルハラスメントや、役職・立場などの権力を使って相手を支配するパワーハラスメント…。

 

そこに、暴力や権力での支配ではない“精神的な支配”をするモラルハラスメントという言葉も仲間入りしました。

 

「私はモラハラも何も受けていない」と言うあなた、“受けているかどうか”を考えるのではなく“加害者になっているかどうか”を考えたことはありますか?

周りには気づかれにくいモラハラは、やっている本人も時として加害者になっている事に気づいていない人もいます。

 

あなたがモラハラをしているかどうか…改めて考えてみましょう。

 

モラハラかどうか確認!モラハラチェックリスト

以下の内容から、当てはまるものにチェックを入れてください。

・ 勝負事には負けたくないと意固地になる。

・ 人には良く見られたいという願望がある

・ 相手を精神的・心理的に支配したいと思ってしまう時がある

・ 言葉が汚い

・ 頭に血が上ると感情的になる

・ 短気である

・ よくイライラする

・ ストレスを感じる事が多い

・ 執拗なしつけや教育、愛情表現を“愛情”だと感じる

・ 苛立つと情緒不安定になる

・ 勝ち負けにこだわる

・ 責任転移をしてしまう

・ 周りの人との共感が少ない

・ 愛情を欲している

 

※上記の項目はどれもマイナスなイメージが多いですが、「私はそんなことない」「全部あてはまらない!」などの拒絶・認めない姿勢をしないよう、素直に純粋に、思い当たるものはチェックをしましょう。

 

チェックの数が多ければ多いだけモラハラの可能性が強くなります。

 

被害者には病的なストレスがかかります!今話題の『モラハラ』は言葉の暴力です

モラハラ、と言う言葉は、最近少しずつ認知度の高まってきている言葉の一つです。

正式名称はモラルハラスメントと言い、日本語では精神的な暴力や嫌がらせと訳されます。

 

傷が残りにくいモラルハラスメント

モラルハラスメントという言葉が登場したのは、1998年のことです。フランスの精神科医であるイルゴイエンヌ医師が提唱した言葉です。

モラルハラスメントの最大の特徴は、通常の身体的な暴力に比べて、傷が見えにくいことです。

 

心の傷は誰にも見えないので、モラルハラスメントに遭ったとしても第三者が判断するのが難しいのです。

ひどい言葉を言った・言わないの水掛け論になって、加害者が非を認めないケースも多いです。

 

精神的な暴力で人は支配できる

家庭内のモラルハラスメントに特に多いのですが、精神的な暴力でも人は支配することが出来ます。

お前はダメだ、この屑、可哀そうだから結婚してやった、稼ぎが悪い癖に生意気だ、などの言葉は、だんだんと被害者の自己認識をゆがめます。

 

その結果、被害者自身が、『自分はダメだ』『可哀そうだから結婚してもらったんだ』『自分は生意気だ』などの自己認識を持つようになり、相手に絶対服従してしまうのです。

 

相手に何か言われる前に完璧でいよう、傷つけないように自分が我慢しよう、といった、歪んだ夫婦関係・人間関係が作られていきます。

 

モラハラを受けているかもしれない…と思ったら

親しい人の発言で大きな傷を受けており、圧迫感や威圧感を感じているなら、モラハラを受けている可能性があります。

モラハラではない喧嘩なら、相手に言い返したり、謝ってもらえれば気持ちが落ち着いて自己認識は歪みません。

 

自分が相手に言われた通りの人間なのではないか、相手に従わなければいけないのではないか、と心で感じているなら、モラハラの疑いが強いです。

 

モラハラについては、いまだに専門的な機関などは出来ておらず、ストレス対策に心療内科や精神科に行くのが適切です。

カウンセリングや精神療法を通して、歪んだ認知の改善などを目指します。

 

モラルハラスメントをする人ってどんな人?モラハラをする人の5つの性格の特徴

パワハラやセクハラというのは、モラルハラスメントの中のひとつです。パワハラというのは、相手よりも優位な立場を利用した嫌がらせで、セクハラは異性に対する性的な嫌がらせです。ではモラルハラスメント、モラハラとはどんなものでしょうか。

 

モラハラとは?

モラルハラスメントというのは大きく、自分よりも弱い立場の人に、精神的な苦痛、嫌がらせを与えて、自分が満足すると言った行為です。立場的に弱い人に対するものならパワハラになりますし、性的なものならばセクハラと名前が変わるのです。

 

どんな人がモラハラをするのか?

モラハラはその人の関係の中で生まれるものですので、加害者本人は気づいていないこともあります。また、自分で気づいていてもやめられないことがあります。

そのため、客観的にモラハラをする人の特徴を知ってみましょう。

 

・2面性を持つ

表裏の顔を持つという意味です。まわりからは「いい人」「立派な人」と言われている一方、家庭の中では感情的に怒るなどします。

 

・賞賛を得たい気持ちが強い

上記文中の「いい人」というのにも共通しますが、「いつも自分が優位に立っていたい」「賞賛を得られないと気が済まない」といった気持ちがあります。

 

・人のせいにする

何かあったときに自分の非を認めず、人に責任転嫁をするという特徴があります。家庭でなにかあったら妻のせいにし、仕事でトラブルがあれば上司や部下のせいにするといった具合です。

 

・いきなり無視をする

自分の欲求が満たされない場合、ものにあたったり、無視をして怒っている雰囲気を出します。言葉にして怒っている理由や欲求を言わないのです。

 

・いつも悪口をいっている

誰かを自分よりも上げて賞賛することが苦手です。他人をほめず、欠点ばかりさがして、悪口を言うことが多いです。

 

客観的に他人から見て、こうした特徴のある人はモラハラをしやすい人と言えます。周りにこうした特徴を持つ人はいないでしょうか?

 

結婚する前に判断したい!"恋人はモラハラをするタイプ"?5つの特徴を徹底解明!

暴力で相手を支配しようとするのがドメスティックバイオレンスですが、これの精神的なバージョンをモラルハラスメントと言います。相手に対して暴言をはいたり、脅迫めいたことを言ったり、無視をしたりといった精神的な攻撃をして、相手を支配するのです。

 

結婚する前に知りたい「この人はモラハラをする人」

自分の方が相手よりも優位に立ちたいという思いは、男性の方が強く、男性が加害者、女性が被害者という構図をよく聞きます。そんな男性と結婚してしまうと、結婚生活、そしてその後の育児などがつらいものになることが想像できると思います。

 

そのため、できるならばお付き合いをしている段階で、相手がモラハラをするような性格かどうか、ある程度ジャッジするとよいでしょう。

以下に、モラハラ加害者に共通する特徴を書いていきます。

 

・最初はとってもいい人!

モラハラをする人というのは、自分が周りから高い評価を得ていたい気持ちが強いです。そのため、基本的に自分の周りの人に対しては「いい人」である自分を印象づけます。

 

・店員にエラそうな態度をとる

モラハラをする人は、自分に自信がなく、そのために他人に対して威厳のある態度をとります。店員さんというのは、仕事ですからお客さんに対して柔らかい態度をとってくれます。それに対して、無駄に上から目線で接し、怒ったりすることがあります。

 

・反対意見がきらい

自分に自信がないので、自分の間違いを指摘されたり、反対意見を言われることに非常に敏感です。その人のためを思っていった指摘であっても、逆切れをするなどして受け入れません。

 

・モラハラ家庭で育っている

モラハラがある環境で育ってきた人というのは、その環境を継承しやすいようです。彼自身の性格をみることもそうですが、彼の両親の話を聞いたり、実際に両親に会ったりしたときに、その関係性をよく確認するとよいでしょう。

 

・独占欲が強い

彼女が友だちと出かけることを嫌がったり、異性との会話を嫌がることもそうですし、彼女のすべてを拘束したがります。相手の自分が知らない部分というのが嫌で、全てを自分の支配下に置いておこうとするのです。

 

付き合っているときには、相手の欠点は見えず、こうしたことに疑問を持たないかもしれません。しかし、どこかで一度冷静になって、彼の特徴を確認してみて下さい。

 

 (Photo by:足成 ) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-21掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ハラスメントに関する記事

4人に1人がDV(ドメスティック・バイオレンス)被害者 !?DVの原因と加害者の特徴

DDV(ドメスティック・バイオレンス)と聞くと、ニュースやドラマなどでは良く...

カラダノートひろば

ハラスメントの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る