カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 幼児食 >
  4. お弁当の「主食・主菜・副菜」の正しいバランスって?☆子どもに食べさせたいバランスのいいお弁当☆

育児・子供の病気

お弁当の「主食・主菜・副菜」の正しいバランスって?☆子どもに食べさせたいバランスのいいお弁当☆

園児に持たせるお弁当で、キャラ弁などが流行しています。ですが本来のお弁当の目的はなんでしょうか。

お弁当は見た目の華やかさを楽しむ側面も確かにありますが、「食」であるからには、子どもに必要な栄養が十分に、バランスよく作られていること、きちんと食べてくれることが大切です。

 

主食、主菜、副菜のバランスを多くの人が勘違い

全国農業協同組合中央会(JA全中)では、幼稚園に通う子どもを持つ、全国母親を対象にして幼稚園の手作り弁当に関する実態調査を行いました。

この調査によって約8割の幼稚園児を持つ母親は、「主食・主菜・副菜」のバランスを勘違いしているということが分かったのです。

お弁当を作るママは、主食・主菜・副菜の割合はいくつが正しいか分かるでしょうか?

 

正しい割合はいくつ?

お弁当を作るときの栄養バランスを考えたとき、最も好ましいとされている主食・主菜・副菜の割合は、【主食:主菜:副菜=3:1:2】であるとされています。

同時に、実際にお子さんに作っているお弁当のバランスが、この割合になっているという人は6.7%にとどまったそうです。

 

これを見ると「主食とおかず」の割合は1:1になるということです。お弁当箱を横向きにおいたら、ちょうど真ん中線を引いて、半分がご飯、半分がおかずという割合が正しいのです。

 

子どもが完食するには手作りが必要?

お弁当は栄養バランスとともに、それを子どもが完食してくれるかどうかというのも、とても重要です。

お母さんが子どもにお弁当を完食させる工夫は色々とあるでしょうが、同じ調査の中で面白い結果が出ています。

 

子どもの完食率と、手作りの割合を調べたところ、手作りの割合が高いお弁当の方が、子どもの完食率が高いのです。

・全て手作りのお弁当では、完食率は約8割

・ほとんど手作りでないお弁当では、完食率は約6割

 という結果になっています。

 

毎日のお弁当作りは、日々の家事の中のひとつかもしれません。

ですが、毎日子どもが食べるものだからこそ、栄養バランスなど子どもの体のことを考えた気遣いを、ちりばめてみてはどうでしょうか。

 

(参考:JA全中「よい食ニュースレターvol.3」

(Photo by:足成 ) 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

幼児食に関する記事

大人が飲んでいるサプリメント、子どもに飲ませるのはOK?NG?子どもへの悪影響とは

大人で足りない栄養を補うために、サプリメントを飲む人はいると思います。その中...

幼児食を作るときに注意したい調味料の使い方!香辛料、料理酒は使ってもOK?

離乳食の期間が終わり幼児食へ移行するとき、よく食べる子であれば大人のものを欲...

幼児食の体験談

美味しい手作りおやつ!

子どものおやつって、悩みませんか? 小さい時は、朝の10時におやつ、15時におやつ、と規則正しいリ...

ズボラでも簡単、スープジャーでおやつ作り

スープジャーで離乳期から幼児期、大人まで食べられる 暑い時期におすすめの簡単おやつをご紹介します。...

カラダノートひろば

幼児食の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る