カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 幼児食 >
  4. レシピ >
  5. キャラ弁は意外と簡単!?特別な日だけでも作ってみませんか?わんわんのキャラ弁編

育児・子供の病気

キャラ弁は意外と簡単!?特別な日だけでも作ってみませんか?わんわんのキャラ弁編

いまや、「キャラ弁」という言葉を知らない人はいないのではないか?と言うくらい、キャラ弁は定着してきました。

絵心のない人や、そういったものをつくるのが苦手な人にとっては、かなり厚い壁なのだろうと思っていませんか?

 

でも、作ってみれば意外と簡単かもしれません。絵を描くよりも修正はきくし、何よりも子どもの嬉しそうな顔を見たときには、ママも嬉しくなってしまいます。

一度キャラ弁を作ってみませんか?

 

作ってみよう☆わんわんのキャラ弁

今回は子どもの大好きな番組「いないいないばあっ!」に出て来るキャラクター、わんわんのキャラ弁の作り方をご紹介します。 

 

《材料》

・ご飯(顔のベースになります)

・にんじん(周りの飾り)

・のり(顔のパーツ)

・チーズ(目)

・マヨネーズ

・グリーンピースのパウダー(耳)※ベビーフードです

 

顔の形を作りながら量を決めますので、量は全て適量です。写真を見てもらえれば分かるように、ご飯とにんじん以外は、そこまでたくさんの量は使いません。

 

ご飯に関しては、その子が食べられる量で作るようにしてください。また、離乳食後期の軟飯でしたら形も崩れることなく仕上げることができます。

 

《作り方》

1.ご飯で顔の部分の形を作ります。

コツとしては、鼻の部分を少し高く作ることです。そうすることで立体感が出ます。

 

2.耳の部分を作ります。

写真では、耳は余っていたベビーフードのグリーンピースパウダー(お湯で溶くタイプ)をご飯に混ぜて使いましたが、ほうれん草や、ブロッコリーなどを細かく刻み、ご飯に混ぜても良いと思います。

また、今はデコ弁用のふりかけも出ているので、それを使っても良いかと思います。

 

3.目の部分を作ります。

目は、まずチーズを切ります。それよりも一回り大きくのりを切ります。これで目のベースが完成です。

次は黒目です。チーズよりもふた周り程度小さくきります。その上に、マヨネーズを楊枝などで少し取りちょんちょんとつけます。

 

4.頭と、鼻と口を作ります。

またのりの出番です。鼻は簡単ですが、ちょっと手こずるかもしれません。

 

5.飾りでにんじんなどを型抜きして完成です。

 

お弁当に入れる場合は、隙間ができると崩れてしまいますので、ハムやウインナー、ポテトサラダなどで隙間を埋めることをオススメします。

 

自分が好きなキャラクターがお弁当に入っていたら、お子さんは嬉しいですよね。特別な日だけでも、こうしたお弁当を作ってあげてみてはどうでしょうか。

 

(Photo by:Roddy(筆者))

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

レシピに関する記事

お弁当の定番&成長期には欠かせない『卵焼き』を使った、子どもが野菜を摂取する方法☆

子どものお弁当は、おいしさはもちろん栄養素も考えながら作りたいと思っている方が...

暑い夏には欠かせない!ひんやり杏仁豆腐×フルーツの組み合わせがオススメ

暑い夏には大人も冷たいものを食べたくなりますが、子どもにとってもそれは同じで...

レシピの体験談

美味しい手作りおやつ!

子どものおやつって、悩みませんか? 小さい時は、朝の10時におやつ、15時におやつ、と規則正しいリ...

ズボラでも簡単、スープジャーでおやつ作り

スープジャーで離乳期から幼児期、大人まで食べられる 暑い時期におすすめの簡単おやつをご紹介します。...

カラダノートひろば

レシピの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る