カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 幼児食 >
  4. アメリカでは普及している子ども用サプリメント!日本では子ども用サプリメント、必要?不必要?

育児・子供の病気

アメリカでは普及している子ども用サプリメント!日本では子ども用サプリメント、必要?不必要?

 

最近販売されているサプリメントには、「子ども用」と書かれているものがあります。

日本は、サプリメント先進国のアメリカほど、サプリメントが普及しているわけではありませんが、偏食や食べ物へのアレルギーなどといった問題がある今、これから子どもがサプリメントを飲むのが、普通になっていくかもしれません。

 

子どもにサプリメントを与える必要ってある?

様々な理由で、子どものサプリメントの必要性が強調されることがあります。

「嫌いなものが多いから」「ストレスをかかえているから」「昔に比べて野菜に栄養が少ないから」などと言われ、栄養を補助してくれるサプリメントが必要である、と言われるのです。

 

ですが、実際に現代の子ども達には、サプリメントなどで栄養を補わなければいけないほどではありません。これは、厚生労働省が行っている、栄養調査の結果からもわかります。

 

子どもにサプリメントは必要ない?

日本には「食育」という言葉があったり、食文化が非常に発達していることもあって、「サプリメントの文化」というのは、アメリカなどに比べれば強く根付いていません。

そうした背景もあってか、子どものときにサプリメントを服用する必要はないと主張する人もいます。

子どもがサプリメントの服用をする必要がないとして以下のような2つの理由が挙げられています。

 

・安全性が保障されていない

子どもに与える食品という点で考えると、気になるのが安全性です。

この点で言うとサプリメントというのは、法規制がない分、科学的に証明された、安全性や有効性といったものが乏しいです。

 

・食育の一環としてよくない

日本では、毎日の食事の中でも「いただきます」から「ごちそうさまでした」まで、教育の一環と考える傾向があります。

そのため、サプリメントを多く利用してしまうことで、子どもが食に関する興味や関心を持たなくなってしまう、というおそれがあると言われます。

 

偏食やアレルギーといった問題によって、サプリメントの必要性を感じたときには、すぐにサプリメントに頼るのではなく、医師や保健師さんなどに相談してみましょう。

その上で、サプリメント以外の方法も検討し、子どもの栄養に気をつけられるとよいですね。

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

幼児食に関する記事

幼児食を始めるときの注意点!噛み切りにくいもの、飲み込みにくいもの

離乳食が進み、歯も生え揃って噛んだり飲み込んだりが上手になり、赤ちゃんの食へ...

幼児食を進める時期は「かむ力」がポイント

    離乳食が完了し、幼児食を始めようと思った時に「幼児食ってどうやっ...

幼児食の体験談

美味しい手作りおやつ!

子どものおやつって、悩みませんか? 小さい時は、朝の10時におやつ、15時におやつ、と規則正しいリ...

ズボラでも簡単、スープジャーでおやつ作り

スープジャーで離乳期から幼児期、大人まで食べられる 暑い時期におすすめの簡単おやつをご紹介します。...

カラダノートひろば

幼児食の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る